toggle

【ハロウィン工作】親子でサングラスを作ろう

10月末は、ハロウィンの季節。思い思いに仮装してホームパーティやご近所をまわったりイベントを考えているご家庭も多いのではないでしょうか。今回は、牛乳パックを利用したハロウィンがより楽しくなる仮装グッズのサングラスの作りかたをご紹介します。


用意するもの

・はさみ

・のり

・ペン

・穴あけパンチ

材料

・牛乳パック(厚紙もOK)

・好きな折り紙(画用紙もOK)

・カラー セロハン(ダイソーで購入)

・輪ゴム2本

作り方

①牛乳パックを写真のように切り取り、好きな折り紙をのりづけして、よく乾かしておきます。

注意:よく乾かさないと、この後はさみで切ったときによれてしまいます。

②子供の目元付近に厚紙をあて、目の位置にあたる部分に印をつけます。

③牛乳パックを半分に折り、鉛筆やペンで、印(目の部分)を中心にして好きな形を描きます。(片面のみ)

④左右対称になるようにカットします。

ポイント:牛乳パックが厚めで少し切りにくいので、先に真ん中をくりぬいてから周りをカットするほうが切りやすいです♪

⑤裏面にして目の部分に、のりでカラーセロファンを貼り付けます。

⑥両サイドの端にパンチで穴をあけます。
ポイント:先にあけたい場所に印をつけ、パンチの穴の真ん中に合わせてから穴をあけると失敗しません。

⑦輪ゴムを通し、端を丸くカットしたら出来上がりです。

メガネのフレームの形を変えたり、カラーセロファンの色を左右で変えてみたり、数種類重ねてみたりしても面白いです。

どんな世界が見えるかな?

おわりに

今回は手作りサングラスをご紹介しました。

我が家には、小学生と幼稚園児の子どもがいるのですが、みんなに大ウケで、私やパパまで手作りサングラスをつけて家族でテンションが上がってしまいました。

子ども達はサングラスをつけて鏡をのぞきこみ、何度もポーズを決めたりして楽しんでいました。セロハンの色によって見え方が違うので色を変えて作るのもおすすめです。

とても簡単なので、親子でハロウィンを盛り上げるサングラスを作ってみてください。


オリーブ 
30代主婦、園児1人、小学生2人の3児を子育て中。
簡単・楽チンをモットーに、お金をかけずに子どもと楽しく潤いある日々を過ごしたいと思っています。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事