toggle

【レシピ紹介も】離乳食にも使える野菜スープの作りかた

離乳食がはじまると、家族分と赤ちゃん分の料理を作らなければと負担に感じる方も多いのではないでしょうか。味の濃さを調整すれば、家族分と赤ちゃん分が同時に完成する「野菜スープ」は、そんなママやパパにとってありがたい料理です。

じゃが芋・さつま芋・かぼちゃなど、とろみのあるお野菜を使うと腹持ちがよく、冷蔵庫にある残り物の野菜を組み合わせて作れば、食材を無駄にすることもありません。旨味の元となる玉ねぎは必ず使いましょう。そして昆布で出汁をとれば、ミネラルも一緒に摂れますよ。

ベースとなる野菜スープのレシピ

《材料》
・玉ねぎ 1/4個
・じゃが芋だと中2個、さつま芋だと小2本、かぼちゃ中1/4くらい
・昆布 5㎝くらい
・水  適量      
・自然塩または無添加コンソメ 少々

《作り方》

  1. 小鍋に昆布を敷き、薄切りにした玉ねぎと材料を入れ、材料がかくれるくらいのヒタヒタの水を入れる
  2. 鍋を中火にかけ、沸騰したら弱火で材料が柔らかくなるまで煮る
  3. 材料が柔らかくなったら火をいったん止め、ブレンダーでなめらかにする
    濃度が濃ければ水を足す(ブレンダーがなければミキサーを使用)
  4. 自然塩または無添加コンソメ少々で味を調整する
  5. 大人用は好みで味の調整をする

材料の分量は大体でOKです。水の量で濃度の調整をしましょう。
※赤ちゃん用には50mlずつ小分けにして冷凍。1週間以内で食べ切りましょう。

ライター紹介

KaRaFuRu Webチーム

KaRaFuRu Webチーム

facebook line twitter
関連記事