toggle

冬こそ子どもの公園遊びがおすすめ⁉︎服装や注意点もチェックしよう

寒さが身に染みる季節は家で温かいコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごしたいところですが、子どもは風の子。いくら寒くても外遊びが大好きですよね。親からすると冬の公園遊びはちょっと億劫に感じますが、冬は公園遊びに向いている季節でもあります。

ただ、怪我や風邪を引かないために気を付けたいこともあるので、この記事では服装や注意点をまとめました。公園に出かける前に読んでみてください。

なんで冬の公園遊びがおすすめなの?

夏は熱中症対策のためにも長時間外遊びをさせるのは避けたいですが、冬は気温が低いので長時間思いっきり遊ばせることができます。

また、虫が少なく肌の露出も少ないので虫刺されの心配もありません。

その他、公園には“冬ならでは”の遊びも充実しています。

我が家の娘たちが一番好きな冬の遊びといえば、どんぐり拾いです。ただ集めるだけでも楽しんでいるのですが、A公園とB公園では、大きさや種類がまったく違うということを発見したり、どんぐりをご飯に見立てておままごとをしたりと遊び方は無限大!

あとは、

・落ち葉を踏んでサクサクとした音や足への刺激を楽しむ
・水溜りにはった氷を踏んで割る
・白い息を吐く

など、とても単純な遊びですが冬にしか体験できないことに子どもたちは興味津々!

季節を感じる遊びを取り入れて、五感を刺激してあげられるといいですね。

冬の公園遊びの服装は?

健康的に安全に公園で遊ぶための服装を紹介します。

フード付きの服は要注意!

冬のアウターはフード付きのタイプが多いですが、遊具に引っかかったりお友達が引っ張ってしまったりすると首がしまりとっても危険。できれば、フード付きの服は避けたいところです。

もこもこのアウターは動きづらい!

アウターが分厚いと腕や体を動かしづらいので、中綿がたっぷりと入ったものよりもすっきりとしたフォルムのアウターがいいでしょう。ウィンドブレーカーは、防風・防寒機能に長けていて、軽く動きやすいので公園遊び用に1枚あると便利ですよ。

滑り止め付きの靴を履かせる

冬は遊具に霜が降りたり、それが凍ったりしています。また、芝生も霜が降りていると滑りやすいので、滑り止めのついたスニーカーがいいでしょう。

冬の公園遊びの注意点は?

冬の公園遊びならではの注意点を紹介します。

準備運動をしてから遊ぶ

温かい家や車の中から寒い屋外に出ると、急激な温度差によって血管が収縮し、筋肉も硬くなります。その状態で急に運動をすると肉離れや脱臼などの怪我をする可能性があるので、まずは公園内をお散歩したり軽くストレッチをしてから本格的に遊びましょう。

冬も熱中症のリスクが0ではない!

熱中症は、主に夏のリスクだと油断しがちですが、冬でも汗を大量にかいたり水分補給が不十分だったりすると熱中症にかかる可能性があるので注意が必要です。

特に、体が冷えていると水分不足になっている自覚が少ないので、親が注意して水分補給を促しましょう。

水分補給は、体を冷やさないように常温の飲み物がおすすめです。

着替えを用意しておく

新陳代謝が活発な子どもは、冬の屋外でもたっぷり汗をかきます。時間が経つと汗を吸ったインナーが冷たくなり体を冷やすので、着替えを用意しておくと安心です。

感染症対策を万全に!

冬はインフルエンザをはじめ、RS、ノロウィルスなどさまざまな感染症が流行します。

公園でおやつを食べる前にはしっかりと手を洗ったり、帰宅後は入念に手洗いうがいをしたりして感染症対策をしましょう。

筆者は、こちらのグッズで作った石鹸を公園に持っていっています。

BANDAI コロントシャボン シェルキャリーセット

見た目も可愛く、自分で作った石鹸なので楽しく手洗いをしてくれますよ。その他、除菌ジェルや除菌シートがあるとより安心ですね。

服装や健康に気を付けて冬の公園遊びを満喫しよう

寒くて家に篭りたい冬こそ、外で運動してしっかりと体を温め健康的に過ごしたいですね。

ただ冬の公園遊びならではの注意点もあるので、公園に適した服装を選んだり準備運動をしっかりしたりして怪我や風邪を引かない工夫をする必要もあります。

この記事で紹介したことを参考にしていただき、冬の公園遊びを楽しんでください!

藤永瞳
4歳と2歳の姉妹を育てながらフリーライターとして働く兼業ママです。甘いもの、映画鑑賞、ネットショッピング、わんこが大好きです!

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事