toggle

七五三のお参りはいつ?男女の違いや知っておきたい基礎知識

3歳、5歳、7歳にお祝いをすることは知っているけれど、七五三の由来など詳しいことはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

わが家も今年、上の子が3歳となり、七五三のお祝いを予定しています。今回は七五三の由来など基礎知識を紹介します。

七五三の基礎知識

七五三の由来

七五三は、江戸時代から始まったとされています。現在のように医療が発達していない時代では、乳幼児の死亡率は高く、7歳まで元気に成長することは当たり前ではありませんでした。七五三は子どもの健やかな成長をお祈りするための儀式として、武家や商人の間で始まったものが庶民にも広まり、現在のような形式となったといわれています。

3歳、5歳、7歳のそれぞれの年齢の行事の由来は次のとおりです。

3歳:髪置(かみおき)の儀 それまで剃っていた髪を伸ばし始める儀式
5歳:袴着(はかまぎ)の儀 男児が当時の正装である袴を着始める儀式
7歳:帯解(おびとき)の儀 女児が大人と同じ帯を結び始める儀式

男の子と女の子の違い 

七五三は、男女でお祝いをする年齢が違います。3歳は男女ともにお祝いをしますが、5歳は男の子のみ、7歳は女の子のみとされています。

ただ、地域によっても違いがあり、また現在では兄弟と一緒にお祝いをする場合など、男女の決まりに沿わずにお祝いをする家庭もあります。
正式な形にとらわれず、家庭の状況に合わせてお祝いしても問題はありません。

七五三のお参りはいつ?

正式には、3歳、5歳、7歳になった年の11月15日にお祝いします。昔は満年齢ではなく数え年が正式でしたが、現在では満年齢でのお祝いが一般的です。

また、お参りの日程も正式には11月15日ですが、現在は10月~12月頃に行う家庭が増えているようです。
ママやパパの仕事の都合などもあるので、11月前後の週末など各家庭の都合に合わせてお参りしても問題はありません。

七五三のお祝いはどこでする?

近くの神社で問題はありません。子どもが和装の場合は、慣れない服装で長時間となると疲れてしまう可能性も。近くの神社にしておくほうが負担は少なくすみます。

また下の子がいてベビーカーが必要な場合や、祖父母が同席するときは、歩きやすい場所かどうかも事前に確認しておくと安心です。

誰と行く?

特に決まりはありません。家族だけでのお参りの場合や、祖父母が同席することも多いようです。

準備するもの

子どもの着物・着付けやヘアセット

子どもの正式な衣装は和装です。最近ではレンタルで用意する家庭も多いようです。レンタルは、レンタル衣装店や、七五三の撮影をする写真スタジオなどで可能です。

またレンタルすると、着付けやヘアセットをやってくれることが多いですが、購入した場合は美容院の予約が必要です。

初穂料

5千円~1万円が相場とされています。神社によっては、金額が指定されていることもあるので事前に確認しておくと安心です。

七五三のお参りで気を付けること・マナー

当日のスケジュールは余裕をもって

着物の着付けやヘアセットなど、当日のスケジュールを確認しておきましょう。神社のお参りを予約している場合は、時間に余裕をもって予定を組むことをおすすめします。

参列者の服装は?

一緒にお参りする家族も、基本はフォーマル、またはセミフォーマルな服装で参列します。パパはスーツを着用、ママは洋装でも和装でも問題はありません。ただ、慣れない和装姿の子どものお世話を考えると、ワンピースやセレモニースーツなど動きやすい服装の方がいいかもしれません。

祖父母が参列する場合も、パパやママと同じくフォーマルな服装で、和装でも洋装でも問題はありません。

まとめ

七五三はお祝いをする年齢や、お参りの日程など、あまり正式な形にとらわれすぎず、柔軟に調整しても問題はありません。大切なのは、子どもの成長を一緒に喜び、お祝いすることだと思います。

わが家でも先日、前撮りをすませましたが、初めての着物姿に子どもの成長を感じました。七五三は着物などの準備もあり、大変そうだと感じるかもしれませんが、家族にとっても素晴らしい記念になると思います。

ぜひ、家族で子どもの健やかな成長をお祝いしてあげてくださいね。

石野アサミ
一男一女の二児の母、兼業ライター。複業と、二人の子育ての両立に奮闘中です。趣味は読書、ピラティス。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事