toggle

ちょっとしたギフトに!折り紙ラッピング活用術

皆さんは【ちょっとしたギフト】を渡すときに、どんなラッピングをしていますか?

筆者は市販のラッピング袋をつかうことが多いのですが、ちょうどいいサイズの袋がないときは自宅にある折り紙をつかってラッピングしています。

そこで、今回は筆者が実際に作っている【折り紙をつかったラッピング】の中から子どもでも簡単にできるラッピングとアレンジ方法をご紹介します。

※ネットで検索すると折り紙ラッピングの動画がたくさんあります。ぜひ、そちらも参考にしてみてください。 

見た目がかわいいテトラ型

テトラ型は作るのが難しそうに見えますが慣れると簡単です。

ここでは詳細な作り方は割愛しますが、ネット上で動画も多数配信されていますので、動画を見て作るのがわかりやすいかと思います。

テトラ型の場合は口を留めるときに「紐」や「リボン」をはさみこむと仕上がりがさらによくなります。

下の写真は麻ひもをつけたものです。

紐やリボン以外にも毛糸を付けても可愛いです。

テトラ型を作る際のポイントとしては「セロテープではなくマスキングテープをつかう」といいです。

貼りなおしができるので子どもが作るときもマスキングテープをつかいましょう。

包装紙のようにつかう

難しいことは一切なく、折り紙を適度につなぎ合わせて包装紙代わりにつかう方法です。
こちらは組み合わせる折り紙の色や柄で仕上がりが変わるので楽しめます。

箱のラッピングに最適で、バレンタインに活躍してくれました。
下の写真は色柄がちがう折り紙をつなげました。

 この写真の場合は柄の折り紙を2枚つかっていますが、柄と無地をつなげるのもおすすめです。

包装紙代わりにつかう方法は箱を包むのに適していますが、円柱形の商品にもラッピングできますので、いろいろと試してみてください。

子どもへのプレゼントとして鉛筆を贈ることもあると思います。
箱のラッピングと同じような感覚で「鉛筆」を入れる封筒型の袋を作ることも可能です。

封筒型のラッピングは幅を細くし長さを短くするなど少しアレンジすると箸袋としても活用できます。
お正月などイベントのときに作ってみてください。

小さい子でもあっという間に作れるコップ型

コップ型はあっという間に作れます。
下の写真はコップ型で口の部分はマステでとめました。

小さい飴を2個入れてみました。
口をマステでとめるだけなのであっという間に完成します。

数がたくさん必要な時は簡単なコップ型がおすすめです。
コップ型を作る時にアレンジしたのは下の写真。

中には500円玉サイズより少し大きめのチョコが入っています。
パンチで穴をあけて麻ひもを通しました。

折り紙ラッピングのメリット

①低コスト
100円均一で買える材料で完成。買わなくても子どもがいる家庭には折り紙がある確率が高い。

②色違いや柄違いを楽しめる
両面印刷の折り紙にすれば組み合わせの幅がさらに広がる。

折り紙で作るラッピングはネットで探すといろいろな動画があります。

作るのが苦手な人も動画をみながら作れますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

今回紹介したラッピングはテトラ型に関してはコツが必要ですが慣れれば問題なく作れます。

その他は子どもが作れるレベルのラッピングなのでぜひチャレンジしてみてください。

とみためぐみ
4人の子持ちママライターです。好奇心旺盛。調べもの大好き。SNSで同じ趣味の方との交流を楽しんでいます。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事