toggle

【年齢別】子どものレインコートや傘の選び方。子どもが嫌がるときの対処法

雨の日の登園やお出かけに欠かせない傘やレインコート。子ども用の雨具の購入を考えているママやパパも多いのではないでしょうか。例え小雨でも、傘を上手にさせない子どもだとずぶ濡れになってしまう場合もありますよね。

そこで今回は子どもの年齢にあわせた雨具を調査。筆者の体験も交えつつ、レインコートや傘などの選び方、子どもが嫌がるときの対処法などについてご紹介します。

【年齢別】おすすめ雨対策グッズ。傘デビューはいつから?

子どもの雨具と言ってもいろいろな種類がありますよね。我が子にあうのはどのようなタイプの雨具でしょう。おすすめしたい雨対策グッズを年齢別にご紹介します。

【0歳~1歳】レインポンチョ

ねんねの時期や歩き始めた時期にはレインポンチョがおすすめです。頭からかぶせるだけなので簡単に着脱でき、忙しいときでも手間取りません。

通気性がよく、着たあとも動きやすいのが特徴です。レインコートを始めて着るならポンチョタイプを選ぶとよいでしょう。

ただしレインポンチョは丈が比較的短く、手を上にあげると濡れやすいというデメリットもあります。自分で歩きたがるようになったらズボンと併用、傘を持つようになったらレインポンチョは卒業など、成長にあわせて使いましょう。

【1歳~】レインコート

雨が降っている道でもしっかり歩けるようになったら、袖がついているレインコートが便利です。ママやパパと手を繋いでも手や腕が濡れにくく全身をしっかり雨水から守ってくれます。

雨の日は視界が悪くなるため、フードの先の部分は透明なデザインの方が子どもも嫌がらないかもしれません。風が吹いても飛ばされないよう、フード全体をキュッと締められるタイプもおすすめです。

リュック対応タイプなら、子どもがリュックを背負ったままでもレインコートを着られます。夕方や夜に外に出る可能性があるなら、反射材があったほうがより安全かもしれません。

レインコートを着る状況を具体的にイメージし、どんな機能が必要かを決めてから選びたいですね。

【3歳、4歳~】傘

手軽に雨を防げる傘は、小さな子どもにとっては使うのが難しい雨具です。

力が弱く持てない場合もありますし、少し風が吹いただけであおられてしまう場合もあるでしょう。

筆者の子どもは私や夫の傘を持ちたがったため、2歳のころに子ども用の傘を購入しました。しかし傘をまっすぐ上にさすこと、さしたまま歩くことが難しいようでまったく使えず……。ふざけないで傘をさしたまま前を見て歩けるようになったのは、4歳をすぎた後からでした。

3歳ごろから使えるサイズの傘も店頭では見かけますが、大人のように使えるかどうかは子どもによって異なります。

体力的に持ち続けられるか

ふざけないで持っていられるか

などのポイントを踏まえ、購入を検討してみましょう。

傘をしっかり扱えるなら、外の様子が見えるよう傘の一部、または全体が透明になっているタイプがおすすめです。

乱暴に扱うと壊れる可能性もあるので、子ども自身が大切に扱ってくれるよう子どもの好みにあった傘を選ぶのもよいですね。

レインコートや傘を嫌がるときはどうする?

子どもがレインコートや傘を嫌がるとき、どうすれば子どもも納得して雨具を使ってくれるのでしょう。イヤイヤされたときに筆者が試した対処法をご紹介します。

シールを貼る

ペタっと貼るだけで特別感が出るシールは、子どもも大好きなアイテム。

我が家の長女がイヤイヤ期のとき、何かにつけてシールを貼って対応していました。

レインコートを嫌がるときは

「好きなシールを貼って、おしゃれにしてから着よう」

というと、一生懸命選んでシールをぺたり。

泣いて抵抗していたのが嘘のように、満足しながらレインコートを着てくれました。

たくさん貼ると剥がすのも大変ですが、2、3枚ならそんなに手間でもありません。

「濡れないように」

と言いながらレインコートの内側に貼るとはがれにくいです。

「風邪ひいちゃうよ」などと話して、子どもに納得してもらいレインコート着てもらうのが一番ですが、それだけでは難しい場合はシールを試してみてはいかがでしょうか。

ぬいぐるみもいっしょに雨対策

おもちゃの抱っこ紐でぬいぐるみをくくりつけ、その上からレインコートを着せたときも子どもは大喜びでした。

登園前の忙しいときにレインコートを拒否されたため、思い切ってとった緊急策。園の中に私物はもちこめないため玄関前でぬいぐるみを離しましたが、いっしょに雨の中を歩けたことが子どもとしては嬉しかったようです。

レインコートなどを嫌がるときでも、我が子の場合は+αな特別感があると比較的喜んで着てくれることが多かったように思います。

すべてのご家庭に当てはまるわけではありませんが、少しでも子どもがわくわくするような工夫を考えてみるのも楽しそうですね。

まとめ

レインコートや傘は雨の日にしか出番がありませんが、ないと困る必需品。子どもの年齢や成長によって使いやすさは異なるので、我が子にあったタイプを選びましょう。

子どもが喜んで使ってくれるような雨具なら、雨の日が待ち遠しくなるかもしれません。

安全面も考慮しながら子どもといっしょに選んでみてはいかがでしょうか。

上田美里
一男一女を育てる30代フリーライター。
子どもを振り回し、振り回されながら、楽しい&心地よい暮らしを目指し奮闘中。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事