toggle

野菜嫌いも克服?断面クイズやスタンプ製作で食育を親子で楽しむきっかけに♪絵本「やさいのおなか」読み聞かせ・野菜スタンプ作り

からふる千早2号保育園(福岡市東区)での、楽しみながら「食育」を学んでいる取り組みを紹介します!
野菜嫌いな子どもも、楽しんで野菜に触れられることができればいいですよね!

絵本「やさいのおなか」を読んでみよう

保育園の子どもたちが大好きな絵本読み聞かせの時間。
「やさいのおなか」というタイトルの絵本。タイトルから子どもたちの興味を引きますね!

やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)

作・絵:きうち かつ
出版社:福音館書店
発行年:1997年

「野菜のおなかの中(断面)は、どのようになっているのかな?」と保育士の先生が子どもたちに質問しながら読み進めていきます。
いろいろな野菜の断面の絵が出てくるので、それを見ながらクイズ形式で考えることができます。

タケノコのおなかを見て「ピザー!」と言ったり、レンコンのおなかを見て「納豆ー!」と答えたりしたそうです!
子どもたちの発想は無限で面白いですね(^^)

実際に野菜の断面図を見てみよう

絵本を読み終わったところで、本物のお野菜が登場しました!
きゅうり、ピーマン、レンコン、オクラ。
野菜を切って、みんなで断面を見ながら答え合わせの時間です!!

さて、どうでしょうか?

「きゅうり、絵本と同じだねー♪」
絵本と、本物の野菜の断面を並べて見てみると、同じであることが分かりました。

手に取って、しっかり隅々まで観察しました。
種が入っていたり、空洞になっていたり。野菜によっておなかの中が違うということを、絵本と実物と両方を見て知ることができる楽しい学習です。

ツルツルしていたり、ザラザラしていたり、野菜によって感触も違うことが分かります♪同じ野菜でも、形や大きさも一つ一つ違います。

「レンコンの穴からのぞいて見ることもできるよ!」

野菜スタンプでさらに興味を深めよう

「やさいのおなか」を学ぶ、最後の締めくくりに、野菜スタンプで遊びました。
遊び方は簡単で、切った野菜の断面に絵の具をつけて、ペタペタと自由に紙に押しました。

紙に押したときに現れる形は、直に目で見た時とはまた違った形(模様)になるところに興味津々♪
とても集中して楽しんでいました!

綺麗な模様が並びました。

耐水性のあるアクリル絵の具を使えば、ハンカチや手ぬぐいにスタンプを押すこともでき、飾るだけでなく使うことができます!大人も夢中になって遊べそうです!

食べるだけではなく、触れたり遊んだりすることで食への興味に繋げることができます。
子どもも大人も一緒になって、楽しく食育を学んでいきたいですね(^^)

ライター紹介

KARAFURU 編集部

さく

鶏の唐揚げと焼き鳥とお酒が好きな、働く30代。気になったことはすぐにスマホで調べたがります。

facebook line twitter
関連記事