toggle
2019.12.06
#子育て#福岡

福岡・からふる保育園の「星空教室」でプラネタリウム体験! 星空や宇宙を知る課外レッスン

スタイルクリエイト株式会社が福岡市内に4園運営しているからふる保育園の課外レッスンのプログラムの一つに、今秋から「星空教室」を取り入れています。

先生は星のソムリエ

星空教室で、子どもたちに星空の魅力を教えてくれる先生は、「星のソムリエ」の資格をお持ちの山本朝海さん。

知識と経験からワインの楽しみ方を教えてくれるソムリエのように、星空・宇宙の楽しみ方を教えてくれるのが「星空案内人」です。
(出典:星のソムリエ|星野村観光ナビ ホームページ)

ミニ望遠鏡を手作りする工作をしたり、星に関する絵本や紙芝居を読んだり、さらにプラネタリウムの投影まで。子どもにも分かりやすい方法で、星空の魅力を伝えています。

初めての星空教室にワクワク!

星空教室第1回目となる、からふる港保育園(福岡市中央区)の様子をレポート!

保育士の先生たちが、星空教室のためにお部屋に工夫。いつもは外の景色が見えている大きな窓を、黒いビニールを貼った段ボール板で隠して、お部屋の中を「夜」に変身させました。いつもと違う、何かが始まる雰囲気を感じとって、子どもたちもそわそわしていました。

絵本とカードで月の満ち欠けについて学びました

子どもたちが大好きな絵本、「おつきさまこんばんは」を使って、お月様の満ち欠けについて分かりやすく説明してくれる先生。みんな釘付けでした。

先生は地球と月の模型も使いながら、立体的なイメージも伝えてくれました。

お月様はいつも真ん丸ではなく、いろんな形があることをさらにカードを使って理解を深めました。

一人一人が好きな形のお月様カードを選んで、ぴったり合うところにテープでぺたりと貼って、「お月様の時計」をみんなで完成させました!

ピカッと光るお月様のリアルなライトにもみんな興味津々でした。クレーターなど細かい部分も作られているので、表面を触ることでザラザラとした感触も知ることができたようでした。

「おつきさまこんばんは」では、お月様が夜空に出てきたシーンを見ながら、みんなで「おつきさま、こんばんは〜♪」と元気に上手に歌も歌いました!

待望のミニプラネタリウム体験

最後には、子どもたちがずっと気になっていたプラネタリウム投影機の出番でした!

照明を消して、部屋の中が真っ暗な夜に大変身。最初のうちはびっくりして泣き出してしまう子もいましたが、リラックスできるような心地よい音楽をBGMに聴きながら、天井に映し出された夜空をみんなで眺めました。

時々流れる、流れ星も綺麗でした!

星座には動物の名前が付けられているものも多く、「蛇みたいに長い形の星座はうみへび座って言うんだよ」と説明しながら星座の種類を教えてくれました。

最後は、みんなでお星さまにバイバイしました。

部屋の明かりがつくと、天井を見上げながら「お星さまどこ行ったの?」と言って、名残惜しさを感じている子もいました(^^)また会えるといいね!

ライター紹介

KARAFURU 編集部

さく

鶏の唐揚げと焼き鳥とお酒が好きな、働く30代。気になったことはすぐにスマホで調べたがります。

facebook line twitter
関連記事