toggle

毎日の献立どうしている?わが家の「献立作成表」の作り方とおすすめ献立アプリ3選

毎日の献立にお悩みのママ!

「毎日献立を考えるのが面倒」
「夕食作りの時間になるのが嫌だ」

毎日の献立に頭を悩ませていませんか?

私自身献立に悩むママの一人でした。毎日仕事から帰ってきて献立を考えるのが苦痛でした。結局似たような献立になってしまい、家族からも「またこれ?」と言われることも。

そんな私ですが「献立作成表」を自作してから、考える時間が短縮。負担が軽くなり、毎日の苦痛から解放されました。

そこで今回はわが家で作った「献立作成表」を公開。自作が面倒だという方のために、私が使いやすいと感じた献立作成アプリも3つ紹介します。

同じく献立を考える悩みを解消したいと思っているママさんの参考になれば幸いです。

毎日の献立を楽にするために「献立作成表」を作ってみた

こちらがわが家で作った「献立作成表」です。とりあえず思いついた料理を羅列したので、今後さらに改良を加え、より使いやすいものにしていく予定です。

わが家の「献立作成表」の作り方

先ほど紹介した「献立作成表」の作り方を説明いたします。

1.主食・副菜・麺・丼の4項目を作成

わが家では主食1品、副菜2品を作ることが多いで列見出しに「主食」「副菜」と記入。さらに「麺」と「丼」の項目を作りました。

2.「簡単」と「難しい」で分ける

列見出しを記載したら、今度は行見出しを作成。行見出しは大きく「easy(簡単)」と「hard(難しい、面倒)」で分けました。

体力や気力に余裕がある時は「hard」から選んで、仕事が忙しく作る余裕がない時などは「easy」から選べるようにしました。

献立作成方法のポイント

わが家の献立作成表を作るにあたり、重要視したポイントやご家庭ごとにさらに使いやすくなりそうなポイントを紹介します。

1.難易度で分けると献立を考えやすい

「献立作成表」を使いやすいものにするために難易度で料理を分けました。難易度で分けることで疲れている時もすぐ献立を決められるようにしました。

2.「肉料理」「魚料理」で分けるのもアリ

さらに細かく「easy」「hard」のそれぞれの項目内に「魚料理」「肉料理」を追加で作成する方法もおすすめです。

自分で作るのが面倒な人におすすめの献立作成アプリ

わが家は手書きで献立作成表を作りました。しかしママさんの中には「手書きは面倒」という方もいらっしゃるでしょう。そんな面倒なことが嫌いな方に、おすすめの献立作成アプリを3つ紹介します。

クラシル

「クラシル」は約3万件のレシピの中からおすすめの献立を提案してくれます。動画で作り方を紹介してくれるので、料理が苦手な人にこそおすすめのアプリ。

献立作成システムから、必要な買い物リストを作れるところも便利なポイントのひとつです。しかも家にない食材だけを選んでリストにでき、買い物かごに入れた食材はチェックを入れていけるので買い物がスムーズにできます。

無料会員でも十分に活用できるサービスが展開されているので、使い勝手がいいアプリです。

me:new(ミーニュー)

「me:new」は献立を作るのに特化したアプリです。アプリ使用初回時にはアレルギーチェックが可能。一度登録すれば次回使用時からはアレルギー食材が入っていないレシピを提示してくれます。

献立作成時は人数だけでなく、子どもの年齢も選択できます。子どもは年齢によって食べられる量が大きく異なるので、年齢を選択できることで適切な量の献立を作れます。1週間分まとめて献立を作れる自動作成システムから、自分のお気に入りのレシピへ変更も可能。

定番のレシピから変わり種までさまざまなレシピがあるのでマンネリ化しないアプリです。

pecco(ぺっこ)

「pecco」は上記2つのアプリとは少し使い方が異なります。最初に家にある食材、調味料を登録します。その後登録した食材、調味料をもとに献立を作ってくれるアプリ。

献立に合わせて買い物に行って食材をそろえるのではなく、家にある食材で献立を作ってくれるのが最大のポイント。

特に調味料まで指定できるので、実際に料理を始めてから「オイスターソースが必要なのにない」なんてことがなく、スムーズに料理ができます。

実際に作った献立をレポートページに登録することで、栄養素を管理することも可能。献立作成のしやすさと栄養バランスを管理しやすい点が特におすすめのアプリです。

自分に合った方法で献立を考える時間の短縮にチャレンジしてみよう!

今回は毎日献立を考える苦痛から解放されたいママさんのために、わが家で作成した「献立作成表」の作り方や、おすすめ献立作成アプリを紹介しました。

家族の健康や、給食との兼ね合い、冷蔵庫に入っている食材から毎日献立を考えるのは面倒で大変なことです。

人によっては料理をする時間や片づけの時間より苦痛を感じる方もいらっしゃいます。私自身、献立作成表を作るまでは、毎日献立を考えるのが面倒で、結局似たようなメニューになることも多々ありました。

献立作成表を作ってからは、献立を考える時間が短縮されたのでとても助かっています。私のように手書きで作るのが面倒な方は今回紹介したアプリを使うのもひとつの手です。

自分に合った方法を駆使して、毎日献立を考える時間を少しでも減らしてみてくださいね。

Saki
男の子1児のママ。読書が趣味。好きな作家は有川ひろさん。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事