toggle
2021.04.13
#子育て

室内用のお砂セットの収納問題。我が子が納得した方法はコレでした!

ここ数年定番になりつつある、室内用お砂セット。すでに購入した、これから購入を検討しているママやパパも多いのではないでしょうか。

筆者は昨年購入し、かなりの頻度で子どもたちと遊んでいます。

そして購入後すぐに悩んだのが収納方法でした。まとまりやすいとは言え、砂は砂。どうやって保管するのが最善かと悩んだ末、やっと子どもも納得してくれた収納方法を見つけました。

室内用の砂遊びおもちゃはどうしまう?
今回は我が家での正解を紹介します。

室内用お砂セットとは

室内用お砂セットとは、家の中でも子どもが砂遊びできるよう作られたおもちゃです。さまざまな種類がありますが、どの商品も「本物の砂よりまとまりやすい」のが特徴。

ラングスジャパンが販売している「キネティックサンド」やダイソーの「魔法の砂」などが人気で、砂とおもちゃがしまえる専用ケースがついている商品もあります。

室内用お砂セットの収納。【我が家の条件】

我が家で使っているのは、スライミーグループの「のびるスライムサンド」です。

SLIMYGROOP Slimy Sand Ultimate Surprise スライミーグループ のびるスライムサンド 砂2.7kg(6色)型15個 日本語説明書有

砂の色は6色で総量は2.7kg。15個の型がついています。

カラフルな色で遊ぶのは楽しそうだし、砂はたくさんあったほうが遊びがいがありそうだと思い選びました。

購入当初は、砂は元から入っていたチャック付きビニール袋、型も大きなチャック付き袋にイン。それを収納ケースに入れていました。

悪くはないかなと思っていたのですが、子どもにとってはチャックの開け閉めが大変だったようです。「次はこれあけて」「この色しまって」と言われ、それに対応する私も面倒でした。

子どもも私ももっと楽しく遊びたい!と言うことで、収納方法を見直すことに。

  • 子どもが取り出しやすい&片づけやすい
  • 色をわけて収納
  • 収納中は散らかりにくいように
  • プチプライスで済ませる

子どもが使いやすさを重視しつつ、室内用お砂セットの収納方法を探しました。

【我が家の正解】室内用お砂セットの収納方法

我が家の室内用お砂セットは色がついているため、色ごとにドリンクボトルに入れることも検討していました。しかし子どもがキャップを開けにくそう…。間口も狭くて片付けにくそうだと思い却下。

どうしたものかと思っていたら、ダイソーに条件を満たす商品を発見!!

「仕切り収納ボックス(フタ付き)」と「マルチ収納ボックス(フタ付き)」です。

どちらも寸法は31.2cm×23.8cm×8cm。
フタをすれば積み重ねもできます。

フタをあけるとこんな感じ。

仕切り収納ボックス(税別300円)は2×5列。全部で10マスに分かれています。
マルチ収納ボックス(税別200円)は仕切りがない分、大きな物もしまえそうです。砂の色が1色だけなら、マルチ収納ボックスだけで十分かもしれません。

お砂セットを入れるとこんな感じ。

子どもが2人いるので、よく使う4色を列ごとに色を分けてみました。かさばりがちな型もすっぽり収まります。

遊びたいときは棚から取り出してフタをとればOK。収納方法が変わっただけで遊ぶ頻度がアップしました。子どもだけで簡単に砂や型を取り出せるので、手間取ることもありません。

まとめ

室内用のお砂セットは散らかりやすいため、ママやパパだけではなく子どもにとっても使いやすいのが1番ではないでしょうか。
ストレスフリーで遊べるよう、それぞれのご家庭にあった収納方法を見つけられるとよいですね。

上田美里
一男一女を育てる30代フリーライター。
子どもを振り回し、振り回されながら、楽しい&心地よい暮らしを目指し奮闘中。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事