toggle

子供服どう選ぶ?賢く買うための我が家のコツ

皆さん子供服を買う時にこだわっている事や、自分で決めているルールはありますか?
特に決めていないという方もいれば、明確にルールがあるという方もいると思います。

そこで今回は4人の子持ちママである筆者が「賢い子供服の選び方」をご紹介します。

きょうだいの性別が違うとお下がりは難しい?

子どもの性別が違うと正直お下がりも難しいのでは?と考える方も多いと思います。

しかし、絶対できないわけではありませんし、実際に性別が違ってもお下がりは十分できます。

男女問わず着用可能なデザインと色の服を買うのが重要ポイント。
(色は黒、ベージュ、茶、オフホワイトなどがおすすめ)

全ての洋服をお下がり前提で購入するのは無理があるかもしれませんが、男女問わず着用可能なデザインや色を意識して購入すれば無理なくお下がり可能です。

子どもが「性別感が出るもの」を欲しがる場合は小物で対応すれば大丈夫です。

例えば、姉弟でお姉ちゃんはピンク色が好きでフリルやリボンが付いた服を着たがる場合。

対応策その1

男女兼用の服を購入し、リボンや飾りボタンなどを付ける(後々外すので軽く縫い付ける程度でOK)

100均で売っているリボンや飾りボタン、着られなくなった洋服のボタンも使えます。子ども自身にデザインさせるのも楽しいです。

対応策その2

ポーチや帽子、ソックスなどで子どもの好きな物を取り入れる。

服は男女兼用の物を買い、可愛いバックと帽子と靴下を買えばガーリーなスタイルに変えることも十分可能。スカーフなどの小物を取り入れてもかわいく仕上がります。
ヘアゴムやカチューシャなども活躍します。

上の子が男の子で下の子が女の子の場合でも、小物で希望を叶えてあげればOKです。

お下がりの基本は「シンプルなデザイン」と「性別問わない色」というポイントを押さえておきましょう。

ネット購入で失敗しない方法はある?

ネットでのお洋服購入については、注文前に商品説明を細かくチェックすることが重要です。

縫製や生地の質感などは買ってみないと分かりませんが、サイズ感は商品説明で解決しますのでしっかり確認しましょう。

細かい記載がない場合や、「品により個体差が有る」などと書かれている場合は、ワンサイズ上の洋服を買うのがベストです。

実店舗がなくネットでしか買えないお洋服もあります。
商品情報はきちんと読んでサイズ選びを間違えないようにしましょう。

量重視か?質重視か?収納スペース増えていませんか?

子どもの服は量を重視するのか?質を重視するのか?も重要なポイントです。

部屋着や外遊びの服は洗濯の頻度が高くなるにつれ「型崩れ」「色褪せ」「毛玉」などの着用感が目立ちます。

長く着たいお洋服は「材質や縫製」を重視した物を買いましょう。

例えば、1枚7000円のブラウスを買って姉妹で3年ほど着用したとします。
最初はお出かけ着、その後は普段着、最後は遊び着として着られれば、決して高い買い物にはなりません。

併せて、服の収納スペースに関してもしっかりと考えておきましょう。
収納スペースには限りがありますし、洋服収納のためにハンガーやBOXなどの備品を買い足すのも無駄な出費になってしまいます。
今有るスペースで収まる量の服を買うのも賢い買い方です。

まとめ

量は最低限でも質の良い物を長く使うことができれば最終的には経済的です。

サイズアウト後に売ることが出来れば、そのお金で新しい服を買うこともできますね。

その点を考慮してお洋服を買うのも工夫の一つですので、是非今後の参考にしてみてください。

とみためぐみ
4人の子持ちママライターです。好奇心旺盛。調べもの大好き。SNSで同じ趣味の方との交流を楽しんでいます。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事