toggle

令和版ワーキングマザーの三種の神器!時短家電を使おう

ワーママ的三種の神器は、本当に神です!

「名もなき家事リスト」というものが話題になったのをご存じでしょうか。
料理、洗濯、掃除だけが家事ではなく、名もなき細かい家事がたくさんあるのにそれらほとんどをママが担っているケースが多いという現実があります。

家事は家庭の中で分担し、ママにとって負担にならないようになってほしいものです。
しかしパパの帰りが遅く、結局ママの負担が減らないという場合は便利な時短家電を使うことも解決手段の一つになりえます!

昭和にも存在した家電の三種の神器ですが、時は進み、忙しいワーキングマザーを助けてくれる新たなる三種の神器も登場しました。

今回は、王道の三種と、番外編を加えてご紹介します!

1.食器洗い乾燥機(食洗機)

ビルトインタイプと据置型があります。食後の憂鬱な後片付け、皿洗いから解放されるのでもう手放せないのです!

食器をセットして洗剤を投入してスイッチ一つ押すだけで、洗い~乾燥までやってくれます。食器によっては食洗器対応不可のものもありますので、我が家は食洗器対応可かどうかを食器選びの基準にしています。

油のついた食器も、あらかじめキッチンペーパーでふき取ってから食洗機を入れておけば、パパが洗った時よりも綺麗になっています(笑)

2.洗濯乾燥機

ワーママの朝は忙しい。
朝に洗濯をする時間がないので、夜にしているという家庭も多いのではないでしょうか。
保育園からの大量の洗濯物、時には翌日に持っていかなければならないこともあります。

夜に洗濯しておかないと間に合わない!ということもあり、基本は夜洗濯の我が家です。
以前は子供と一緒にお風呂に入るタイミングで洗濯機をまわしておき、子どもを寝かしてから部屋干ししていたのです。

ところが寝かしつけで寝落ちしてしまい、翌朝に洗濯機から生乾きの洗濯物を発見する日々が頻発していました。当然、洗濯からのやり直しです。ショックすぎます。

そこで発想を変えて、「洗濯物は干さないのが一番だ!」という結論になり、洗濯から乾燥までボタン一つで完了してくれる洗濯乾燥機を投入することにしたのが6年前です。

一昔前の乾燥機と違い、ふわふわで、しわ無しに仕上げてくれます。タオルなんて本当にふっくら仕上がるので、もう自然乾燥には戻れません。

洗濯から乾燥完了までは3~4時間くらいなので、帰宅後すぐにスタートさせておけば、ママかパパが寝るまでには乾燥まで完了しています。

3.おそうじロボット

「ルンバ」が代表格ですが、今は各メーカーから多様な商品がでています。
目につきやすいほこりのかたまりや髪の毛を吸い取ってくれるのはもちろんですが、掃除後のダストボックスを見ると、ぱっと見では気がつかないちりをたくさん集めてくれているのです。

料理や洗濯に比べると、数日しなくてもそこまで生活に支障をきたさない掃除ですが、赤ちゃんや小さな子は床に近い場所で生活することが多く、出来れば清潔に保ってあげたいところです。

自分で掃除機をかける時間がなくても、おそうじロボットに働いてもらうことで、ママやパパの罪悪感が薄れるのなら、持っていて損することはない物ですね。

番外編

スマートスピーカーも新たな候補に入れたい品です。
AIスピーカーとも呼ばれる人工知能搭載のスピーカーのことです。

Amazonの「Alexa」、Googleの「Google Home」などがあります。

我が家はAmazon Alexaを利用しており、リビングと小学生の長女の部屋にそれぞれ設置しています。

朝は「アレクサ、今日の天気は?」と尋ね、料理中は「アレクサ、〇分のタイマーをセットして」と、自分の手を使うことなく呼びかけるだけで済むので助かります。

ワーキングマザーは文明の利器に頼るべし

どう頑張ってもママの体は一つしかない、パパも忙しくてあまり戦力にならない、ならば優秀家電を使ってみるのも一つの手です。

安くない出費ではありますが、子どもに手がかかる時期に精神的余裕を手に入れるためなら、と導入した我が家は、夫婦ともに家事に追われるストレスから解放され、「必要経費だったね!」と納得しています。

「私(ママ)ばかりが家事をしている!」という不満も、家電に頼ることで少し緩和されたように感じます。
優秀家電がそろってからというもの、家事の負担割合についての夫婦喧嘩が少し減った我が家でした(笑)

rimos
小学生と保育園児の姉妹育児中のママ。金曜夜のビールが大好物。仕事も家事も時短命。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事