toggle

ペットボトルランタンでおうちイルミネーション!災害時にも便利!

飲み物の消費が多い我が家では、ペットボトルのゴミがたくさん出ます。潰して捨てることが多いのですが、「何かに使えないかな?」と調べてみたところペットボトルランタンの存在を知りました。

子どもとやってみたら楽しそう♪

ということで、おうち時間に親子で挑戦!

簡単にできるペットボトルランタンについてご紹介します。

ペットボトルランタンとは

私がペットボトルランタンについて知ったのはSNSですが、警視庁が発信している災害対策課ツイッター「ペットボトルでかんたんランタン」を機に知った人も多いようです。

災害時の灯りとりについて紹介された動画で、細長いコップに懐中電灯を入れ、その上に水の入ったペットボトルを置くと光が乱反射。電気がなくても周りを明るくできるという内容です。

災害時は何が起こるかわかりません。
子どもが暗がりで不安にならないよう、親としては覚えておきたい知識だと感じました。

出典:災害対策課ツイッター「ペットボトルでかんたんランタン」/警視庁

【実践】ペットボトルランタンで灯りとり

ペットボトルランタンでどれくらい明るくなるのか、実際に家で挑戦してみました。

わが家でやってみたのは、スマホのライト機能を使う方法です。

スマホ画面にある懐中電灯マークをタップして床の上へ。その上にペットボトルを置いてみました。

思った以上に明るい!
懐中電灯じゃないから暗いかな?と思いましたが、手元を照らす分には十分でした。

子どもの顔が見えるくらい明るいので、手元に懐中電灯がないときや急いで手元を照らしたいときによさそうです。

ペットボトルランタンでおうちイルミネーション

次に挑戦したのはペットボトルランタンを使ったおうちイルミネーション。
子どもと灯りを楽しむためのランタンを作ってみました。

ペットボトルランタンで用意する物

ペットボトルランタンにもさまざまな種類がありますが、今回は4歳の子どもといっしょにできる簡単なタイプを選びました。

・ペットボトル
・卓上ライト
・カラーセロファン

カラーセロファンは色付けのために用意しましたが、カラーマジックなどでも大丈夫です。

【お手軽&簡単】ペットボトルランタンの作り方

4歳の子どもが楽しめるよう、難しい作業は私が担当しています。子どもの成長にあわせ、できるところはお任せしてみてはいかがでしょう。

  1. 手が入るよう、ペットボトルを約半分に切る
  2. 切り口をマスキングテープで覆う
  3. カラーセロファンを好きな形にカットしてペットボトルに貼りつける
  4. 卓上ライトの上にペットボトルを被せれば完成

灯りをつけると、カラーセロファンの色が反射します。

「わ~♡」

と目をキラキラさせてよろこんでくれたので、親としては大満足です。

小さなライトなら、ペットボトルの中にいれても使えます。紐をつけて持ち歩き用にしても楽しめそう♪

今回はカラーセロファンをペットボトルに貼る作業を子どもに任せました。もう少し大きくなったら、全部子どもに任せられそうなくらい簡単です。

カラーセロファンで特別感を楽しもう

ペットボトルランタンは親子で手軽に手作りできるすてきなアイテムでした。イルミネーションのように楽しめるので、作ってからは毎晩寝室に持っていくほど我が子は気に入ったようです。

災害時の灯りとりの方法としておすすめ。ぜひおうち時間中に挑戦してみてはいかがでしょうか。

上田美里
一男一女を育てる30代フリーライター。
子どもを振り回し、振り回されながら、楽しい&心地よい暮らしを目指し奮闘中。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事