toggle

【こどものデンタルケア】乳歯期はどう手当てしてあげたらいい?

乳歯ケアについてママの体験談

皆さんは、どのように乳歯の手当をされていますか?赤ちゃんから幼児の時期は、まだ自分ひとりでは歯磨きができません。いかに歯磨き嫌いにならないようにするか、ご家庭によって様々な工夫されているのではないでしょうか。

赤ちゃんや幼児への歯磨きケア

赤ちゃんの時はベビー用の歯ブラシでカミカミさせながら、手に持たせて遊ばせて慣れさせることからはじめてからみてはいかがでしょうか。
1歳から2歳にかけては、パペットを使って一緒に歌いながら歯磨きしたり、逆に子供がパペットに歯磨きをさせるのも良いかもしれません。子どもに手鏡を持たせ、口の中や歯磨きの様子を見せると興味を持ってくれます。

こどもが喜ぶキャラクターがついたデンタルグッズ(歯ブラシやコップ)、そして様々なフレーバーの歯磨き粉を選んだり。歯磨きが楽しい時間となる工夫も大切です。虫歯予防のための幼児用のキシリトール入りラムネなどを活用するのもおすすめです。

仕上げみがきの際に、歯ブラシとデンタルフロスを使うことで、ほとんどの歯垢を除去できるといわれています。是非お子さんの仕上げ磨きにデンタルフロスや糸ようじを使われてみてください。

どうしても嫌がる時は?

だけど、時にはどうしても歯磨きを嫌がる時もありますよね。そんな時は、無理せずガーゼで拭くだけでも良いので、虫歯の原因となる汚れや菌を少しでも取り除きましょう。

歯医者さん選びについて

自宅のデンタルケア以外にも、歯科検診の歯医者さん選びも皆さん悩まれています。近所のママ友からの情報やネット検索での情報収集をもとに、お子さんとの相性が良い歯医者さんを選ばれている方が多いのではないでしょうか。


公益社団法人日本小児歯科学会では、小児歯科医療に関する専門的知識と技術、そして公共的使命と社会的責任を有する歯科医師を小児歯科専門医と位置づけています。公益社団法人日本小児歯科学会のWebサイトでは、小児歯科専門医がいる施設検索も可能です。お子さんの病院選びの参考にされてみてはいかがでしょうか。
Webサイト:公益社団法人日本小児歯科学会

ライター紹介

KaRaFuRu Webチーム

KaRaFuRu Webチーム

facebook line twitter
関連記事