toggle

2歳児が喜ぶ廃材を使ったおもちゃ!ペットボトル輪投げの作り方を紹介

この記事では、2歳児が喜ぶ手作りおもちゃをご紹介します。

こんにちは、ライターのsakiです。我が子は遊び盛りの2歳で、とにかくいろんなものに興味津々。おもちゃ屋さんに行っては、アレが欲しいコレが欲しいとキリがありません。

家で簡単におもちゃが作れたら……そんな思いでおもちゃ作りをスタート。家には私の手作りおもちゃがたくさんあります。

今回は、ペットボトルといらなくなったチラシで簡単に作れる「輪投げ」の作り方をご紹介します。

所要時間は10分前後、廃材と100均で手に入る材料で作れるので、お金や時間をかけたくないママパパにおすすめです。

ペットボトル輪投げ【用意するもの】

・ペットボトル
・絵の具
・水
・いらない紙(チラシなど)
・紐(今回は家にあった麻紐を使いましたが毛糸等でもOK)
・テープ
・ハサミ
・画用紙(折り紙でも可)

絵の具、紐、画用紙はなくても作れます。

ペットボトル輪投げの作り方

作り方はいたって簡単です。

①まず、ペットボトルと絵の具を用意。絵の具をペットボトルに少量入れ、その中にお水を入れて色水を作ります。絵の具がなければお水だけでもOKです。

②子どもが誤ってお水を飲んでしまわないように、蓋部分にしっかりテープを止めます。

③次に、いらなくなったチラシをくしゃくしゃにして、丸い輪を作ります。今回は麻紐を巻いて投げやすくしてみました。

④あとは、子どもたちが喜びそうなデコレーションをしていきます。今回はクリスマスツリーをイメージして飾りをつけました。

飾り付けが終わったら、完成です。

輪とペットボトルの大きさで輪投げの難易度が変わりますので、最初は大きめに作ってあげるといいと思います。輪もいくつか作っておいた方が、投げたあと何度も取りに行かなくて済みます。

お金をかけなくても楽しめるおもちゃは作れる

今回は、いらなくなったもの、捨てようと思っていたものを使って簡単におもちゃが作れる方法をお伝えしました。

デコレーションや色水を作るのが面倒な方は、ペットボトルに水を入れて、チラシで輪を作るだけでもOK。

少しのアイデアがあれば、お金がなくても時間がなくても、子どもが喜ぶおもちゃを作れます。いらなくなったら、捨てるのも簡単。市販のおもちゃでなくても、楽しく遊べます。
子どもでも作れるので、親子で一緒におもちゃ作りに挑戦してみてくださいね。

saki
男の子1児のママ。読書が趣味。好きな作家は有川浩さん。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事