toggle

100均【セリア】新旧のウェットシートケースが優秀

小さな子どもがいると、除菌シートやおしりふきは欠かせないですよね。パッケージに繰り返し使える粘着タイプのフタを付けると便利ですが、パッケージが悪目立ちして見た目がいまいち…。そんなモヤモヤを解消してくれる優秀なウェットシートケースを100円ショップ【セリア】で見つけたのでご紹介します。

◎こんな人におすすめ

  • ウェットシートを玄関やリビングなどに違和感なく置きたい
  • 除菌シート、おしりふきをオシャレに持ち運びたい
  • ウェットシートのシール製フタの開閉が面倒
  • ベビーカーや車などに常備したい

新作は取っ手付。どんな場所にも置けて便利

まず最初に、今年発売された取っ手付タイプをご紹介。最大のポイントは、取っ手があること。

背面にある取っ手のボタンを外して、ベビーカーや車、ダイニングチェアなど好きな場所にぶら下げておけるんです。もちろん直置きも大丈夫。

ウェットシートは袋ごとケースに入れればOK。市販のウェットシート用フタを付けても使用できます。

約19.8×15.7cmのティッシュペーパーにフィット

試しに同じくセリアで買ったティッシュペーパーを入れて、車につけてみました。これがジャストフィット!皆さんもぜひお試しあれ。

ヘッドレストに簡単に取り付けられます

もはや定番。SNSでも話題継続中

昨年発売され、もはや定番となったウェットシートケースは「フタ付きタイプ」「フタなしタイプ」から選べます。

「フタなしタイプ」は市販のウェットシート用フタを取り付けて使います。デザインは北欧系の花柄、ユニセックスで使えそうなモノトーンなどさまざま。見た目がスタイリッシュなので、テーブルの上などに置いてもインテリアの一部として楽しめそうです。

手前:M(手の平サイズ) 奥:L(長財布サイズ)※白色のフタもセリアで購入

ケースサイズはM(手の平サイズ)、L(長財布サイズ)の2種類。マチ幅もちゃんとあるのでシート枚数が多めのタイプも大丈夫です。このマチ幅のおかげで自立し、スペースのない場所では立てて置けますよ。

このウェットシートをM、Lそれぞれのケースに入れてみました

26枚入りシートでも余裕のマチ幅

水分を逃さないチャック式

ケースはしっかり密閉されるチャック式。乾燥しづらくウェットシートが湿った状態のまま最後まで使うことができます。

中身が空になった時は、ウェットシートの袋を入れ替えるだけ。繰り返し使える粘着タイプのフタだと、フタを貼り替えなきゃいけないし、貼り替える時にヨレないようにシワをのばさなきゃいけないし、何かと手間に思うところも。そんな煩わしさがないのもチャック式の良いところ。

お掃除アイテムの保管にもおすすめ

トイレやフローリング掃除用のウェットシート入れにもおすすめです。パッケージについているシール製のフタの粘着力が弱くなって、いつの間にかシートが乾いていた…という、うっかり乾燥を防ぐだけでなく、シートが取り出しやすく、収納姿もスッキリきれい。

皆さんのライフスタイルに合わせて、いろんな使い方を見つけてみてくださいね。

むとう よしえ
コピーライターを経てフリーランスに。2020年1月に男の子を出産。里帰り後は、新天地・博多での暮らしがスタート。幼い子どもと楽しめる九州スポットを見つけたい。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事