toggle

車での保育園の送り迎え!毎日の送迎で感じる便利な点・困った点

わが家は車が必須の地域に住んでおり、保育園の送り迎えにも車は欠かせません。

上の子が1歳のときから車での保育園への送迎が始まり、現在は下の子と2人を乗せて送り迎えをする毎日です。

車での送迎は実際のところはどうなのか、筆者が毎日の送迎感じていることを紹介します。

車での保育園への送迎で便利な点

天候に左右されない

一番のメリットは、天候の影響を受けない点です。雨が降っても、夏の暑い日や冬の寒い日でも、車ならあまり影響がありません。雨の日は道路が混みやすいといった点もありますが、子どもにとってもママにとっても、車での送迎は体力面での負担が少ないといえます。

子どもが増えても移動がラク

筆者は今年2人目の子どもが産まれ、現在育児休業中です。上の子の保育園への送迎は、必ず下の子を連れて行かなければなりません。子どもが小さいうちでも、車での送迎ならあまり負担がかかりません。

荷物が多くても大丈夫

保育園へ通っていると、毎日の持ち物が多かったり、布団の持ち帰りがあったりと荷物が増えますよね。
子どもの持ち物だけでなく、ママ自身の荷物や、買い物をしなければならないときも。徒歩や自転車だと持てる荷物に限度がありますが、車なら荷物が増えても心配はありません。

子どもと自由にコミュニケーションがとれる

車の中では、周りの目を気にせずコミュニケーションがとれるところもメリットです。
わが家でも、子どもの好きな音楽をかけて一緒に歌ったり、帰りに子どもがその日にあった出来事を話してくれたりと、大切なコミュニケーションの時間になっています。

車での保育園への送迎で困った点

道路の渋滞

朝夕の通勤・帰宅ラッシュや、特に雨の日は渋滞することが多く、仕事に遅刻しそうになったり、保育園のお迎え時間に遅れそうになったりしたことも。混雑しにくいルートをみつけておく、余裕をもって行動するなどの工夫が必要です。

駐車場の問題

筆者の子どもが通う保育園には駐車場がありますが、台数に限りがあります。
保育園によって混雑時の対応は違いますが、保育園の付近に住んでいる方に迷惑をかけないよう、ルールを守らなければなりません。
朝夕の送迎が集中する時間帯は、駐車場が空くまで時間がかかることも覚悟しておく必要があります。

車が2台必要に

わが家は夫も通勤で車が必要なため、車を2台所有しています。利便性を考えると車1台でのやりくりは難しく、2台目を購入しました。
便利な反面、車の維持費を考えると経済的な負担は大きくなります。

急なお迎えの交代が難しい

わが家では筆者が子どもの送迎をしていますが、経済的なことも考え、チャイルドシートは1台分しか用意していません。お迎えを夫に代わってもらうときには、あらかじめチャイルドシートを乗せ換えておかなければならないため、急な交代は難しいのが現状です。

車に常備しているもの

いざというときに困らないために、車に常備しているものを紹介します。

・オムツ/おしりふき
・オムツ替えシート(防水シート)
・除菌シート
・ビニール袋(ごみ袋や汚れもの入れとして)
・ハンドタオル
・着替え一式
・マスク
・冬場はブランケット/夏場はミニ扇風機
・おもちゃ

オムツなど外出時に持ち歩くものがメインですが、忘れてしまったり、足らなくなったりしたときに困らないよう車にも常備しています。

車で子どもを機嫌よく連れ出すコツ

子どもが好きな音楽をかける

車では、好きなアニメや、保育園で歌っている曲など、そのとき子どもが一番好きな曲をかけるようにしています。子どもから「この曲がいい!」とリクエストされることも。歌が好きなお子さんなら、音楽をかけることで車での移動時間が楽しいものになると思います。

鍵の開け閉めをお願いする

スマートキーのスイッチや、ドアスイッチなら子どもでも簡単に開け閉めできます。なかなか車に乗ろうとしないときに、お手伝い感覚で「ドアを開けてくれる?」とお願いすると、そのあとすんなり車に乗ってくれることも。

切り札は動画

どうしても車に乗りたがらないときは、スマートフォンでアニメなどの動画を見せることもあります。ただ、いつも動画ばかりにならないよう、時間がせまっているときなどの最終手段にしています。

まとめ

車での送迎は便利な面も多いですが、駐車場や渋滞など、避けられない問題もあります。

立地などの条件によっては、車よりも自転車や公共交通機関の方が便利な場合もあると思います。

雨の日や、荷物が多い日だけ車を使うなど、状況によって使い分けるのも一つの方法です。
保育園の送迎手段を迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

石野アサミ
一男一女の二児の母、兼業ライター。複業と、二人の子育ての両立に奮闘中です。趣味は読書、ピラティス。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事