toggle

赤ちゃん連れで映画館を楽しめる!福岡・キャナルシティ博多のユナイテッドシネマ「抱っこdeシネマ」ってどんなサービス?

今年に入ってから、映画館での映画鑑賞にはまっている私です!
映画情報アプリを使って上映作品をあれこれチェックして、次は何を観に行こうかといつも考えています!!

そしていつものように映画館に行った先日、近日公開予定作品のフライヤーが並んでいる棚を見ていたら、見つけたチラシがありました。

そのチラシには、「抱っこdeシネマ」と書かれていて、赤ちゃん連れの方に向けた上映サービスのお知らせでした。
今まで私はそのようなサービスがあることを知らなかったので、今日は紹介したいと思います!

抱っこdeシネマのフライヤー

映画館は赤ちゃんを連れて行きにくいところ?

そもそも「◯歳未満のお子様は入場できません」などの決まりは映画館にはありません。しかし、映画上映前には必ずと言っていいほど「上映中はお静かに」と注意喚起されるため、映画館は静かに映画鑑賞する場所というイメージが着いています。


赤ちゃんは泣くことが仕事!2時間程度の映画上映中に、赤ちゃんが大人しく眠ってくれるという奇跡的状況にでもならなければ、映画館へ行くことはハードルが高いと感じるママさん、パパさんが多いと思います。

また、大人に比べると赤ちゃんの排泄のタイミングは読みにくい!オムツ換えのために席を離れなければならないこともあると思います。
館内は暗いし移動も大変ですよね…。

抱っこdeシネマは通常の上映と何が違う?

抱っこdeシネマとは、ユナイテッドシネマにて提供されている上映サービスで、小さなお子様を持つママ・パパ向けのものです。なかなかハードルが高い「子連れで映画館に行って映画鑑賞する」ことを気軽に楽しんでもらおうというもの。

では、具合的にどのようなサービスなのでしょうか?


①周りも同じような子連れ客

対象の上映作品、上映時間は予め決まっています。(公式サイトにスケジュール掲載)
鑑賞に行く観客は、みなさん赤ちゃんや、小さなお子様連れの方ばかり。同じ境遇の方ばかりなので、万が一子どもがグズってしまっても安心です!
また、ベビーカーは上映中預かってもらうことができます。

②照明が少し明るい


真っ暗になると怖いと感じてしまうお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。(私は子供の頃暗闇が大嫌いで、暗い場所で大泣きした記憶があります)
通常の上映よりも照明を明るくした館内で鑑賞します。
オムツ換えや、どうしても外にでなければならず席を立って移動するときも、館内が明るいと安心安全です!


③音が少し小さい


最近の映画館は音響が発達していて、爆音が響く場面では大人の私でも観ていてビックリする時があります。
抱っこdeシネマは、音量は通常よりも小さくなっています!


④上映スケジュール確認必須&チケットは劇場窓口で購入


前述していますが、予め作品の上映日時が決まっています。これは通常上映と変わらないのですが、毎日上映されている訳ではないので前もって確認しておく必要があります。1〜2か月先の上映予定が公式サイトに出ています。

また、インターネットでのチケットの事前購入は出来ません。
劇場窓口のみの販売(上映2日前から購入可能)となっているのでご注意ください。

抱っこdeシネマ 公式サイト

お家でゆっくり映画を観るのも良いですが、たまには映画館に行くことも気分転換になりますよね♪
子育てを始めてから映画館から足が遠のいてしまったママさんパパさんに、是非体験していただきたいです!

ライター紹介

facebook line twitter
関連記事