toggle

託児付コワーキングスペースCREATIVE ROOMのメリットは?仕事だけでなく息抜きにも便利

2022年2月、福岡市中央区の大名に託児付コワーキングスペース&サテライトオフィス「CREATIVE ROOM」が開設します。

CREATIVE ROOM HP

多様な働き方が広がりつつあり、コワーキングオフィス、シェアオフィスなどが全国的にも増えています。しかし、「託児所付き」という施設はまだ数が少ない状況。
託児ができることで、どのような使い方ができるのか一例を紹介します。

託児付きコワーキングスペースはこんな使い方ができる!

コワーキングスペースとひとまとめに言っても、利用の方法はさまざまです。自分の生活や働き方に合わせて使うことをおすすめします。

1.リモートワークで働く方

近年では多くの企業が取り入れている、従業員の「リモートワーク」。小さなお子さまがいる家庭では、在宅で仕事することで子どもの様子を見ていられる嬉しさもありますよね。しかし自宅には仕事用のデスクセットがない、子どもに構いすぎて仕事に集中できない、という方もいると思います。

託児付きコワーキングスペースを利用することで、託児機能と仕事環境を一緒に手に入れることができます。
たまに仕事場所を変えることで気分転換にもなるので、毎日ではなくても時々利用してみてもよいのではないでしょうか。

パートナーが専業主婦(主夫)で自宅にいる場合には、CREATIVE ROOMに子どもを一緒に連れ出すことで、少しだけ子どもと離れて一人になる時間をパートナーに提供することもできます。

2.育休中に勉強したい方

育休中に資格取得の勉強をしたい、復職の準備のために仕事をしたいという方もいますよね。

子どもを保育園や幼稚園に預けるまでは、日中は自宅で子どものお世話をすることは避けられません。勉強に集中できるのは子どもが寝ている間や、子どもが遊びに集中している間だけ。
自分以外に子どもを見てくれる人がいなければ、勉強や仕事をする時間を作り出すのは難しいのではないでしょうか。

そのような育休中のママやパパにご利用をおすすめします!
園に子どもを預けて仕事をするという、育休から復帰したときのイメージもつきやすいので親も子どもも双方にとって安心です。

※CREATIVE ROOMでは生後4ヶ月〜のお子さまのお預かりが可能です。

3.就職先を探している方

出産や子育てのため一度仕事を離れ、落ち着いたタイミングで新たに仕事を始めたいと考える方へ。

どんな仕事が自分に向いているのだろう?
どんな会社があるのだろう?
就活のためには何を準備したらいいのだろう?

久しぶりの就職活動に戸惑い、何から始めたらいいか分からないとお困りだと思います。そのような方には「キャリア相談サービス」のオプションも合わせてご利用いただくのがおすすめ。

キャリアコンサルタントに相談できるサービスを利用することで、自身が仕事を見つけるうえで大切にしている視点に気づけたり、面接準備や履歴書作成の方法を改めて知ることができたりします。

「子どものお世話があるから…」と子どもを理由にして諦めることなく、自分のやりたいことを実現するための一つの手段としてCREATIVE ROOMを利用してもらうことができると思います。

子どもと一緒にいたいけど、少しだけ集中したいときに便利

CREATIVE ROOMの施設中央に託児ルームはあります。
壁は一部ガラスの窓になっていて、コワーキングスペースのフロアから託児ルーム内の様子が見えるようになっています。防音ガラスを使用し、子どもたちが元気に遊ぶ声や音も気にならないように対策しているので安心。

子どもの機嫌が気になるときには託児ルームに入って、落ち着くまで一緒に子どもと過ごすこともできます。

自分に合った使い方を!

自宅保育をしたい方、いずれは保育園や幼稚園に預けて働きたい方、など子育てに関して考え方は家庭によって異なります。同様に、どのように働くかもさまざまです。

「職場」として、「勉強スペース」として、仕事を見つけるための「就活拠点」として…など使い方は自由です。
ご利用になりたい方、気になるかたはお問い合わせも受け付けているので、お気軽にご相談ください。

その人がその人らしく働く、自分らしく輝くための場所として使ってみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

KARAFURU 編集部

さく

鶏の唐揚げと焼き鳥とお酒が好きな、働く30代。気になったことはすぐにスマホで調べたがります。

facebook line twitter
関連記事