toggle

節分にどうして豆まきをするの?節分っていつ?

保育園の栄養士・調理士の先生に聞いてみました!

保育園の先生が節分について子供達に教えている

節分とは?

季節の変わり目を指し、
「立春、立夏、立秋、立冬」のそれぞれ前日を指します。

厳しい冬を乗り越えた後の立春は、
1年の境目として新年を迎えるのと同じくらい重要な日とされ
今では「節分=立春の前日」となっています。

また節分には「魔(ま)を滅(め)する豆を年の数だけ
あるいは年の数より一つ多く食べると一年を健やかに
過ごすことが出来ると言われています。

どうして豆まきをするの?
節分は2月3日!

季節の変わり目には、邪気(鬼)が生じると考えられており
その鬼を追い払うために豆まきを行います。

豆を鬼にぶつけることで邪気を払い、無病息災を願います。
「鬼は外!福は内!」のかけ声で豆まきをしましょう!

「畑の肉」大豆パワー

大豆は良質なタンパク質を多く含むことから「畑の肉」と呼ばれています。

また、炭水化物・脂質・鉄・ビタミン・カルシウムもバランスよく含み
腸内環境を整えるオリゴ糖なども含まれるため栄養価の高い食品です。

豆腐や納豆、味噌など、大豆の加工食品も多くあるので
これらを上手に利用して日々の食卓に取り入れましょう!

保育園児が鬼に豆をぶつけて遊んでいる

「参照:2018年2月 からふる保育園給食だより」

ライター紹介

KARAFURU 編集部

uno

男の子2児のママ。育児と仕事に奮闘中。

facebook line twitter
関連記事