toggle

福岡・六本松 護国神社バス停から徒歩1分!子育てママにご紹介したいベビー・子供服も揃えるセレクトショップ「Mc ABBEY(マックアビー)福岡店」

国内外のこだわりアイテムを取り揃えている福岡の老舗アパレルショップ

今回はスタイルクリエイトが運営している「からふる六本松保育園」とご近所ということもあり、オシャレなベビー&キッズ向けのお洋服も置いてある「Mc ABBEY(マックアビー)福岡店」さんに取材。護国神社バス停から徒歩1分のところにお店はあります。オーナーの斉藤さんにじっくりお話を聞かせていただきました!

福岡市の六本松 福岡店

福岡県下にSHOP展開して35年を迎えるという、老舗のアパレルのセレクトショップ。現在2店舗あり、北九州市の黒崎に本店と、福岡市の六本松に福岡店があります。
大切にしていることは、思いを込められた服や小物・・・。
オシャレな店内に小物雑貨も充実したこちらのお店。
洋服や小物は、ヨーロッパ・アメリカ・東京・福岡のブランドの中からセレクトされていて、実力派東京ブランドも取り揃えており、着る人のことを考えて作ったデザイナーの思いが伝わる商品が勢揃い。
日常にドキドキワクワクを伝えられるようなショップを目指して立ち上げられたそうです。
季節にあったトレンドのものから、オリジナルデザインまで幅広い層でお洒落な着こなしが期待できそう。
お手持ちのアイテムと合わせたお洒落を楽しめるヒントのお手伝いもしてもらえます。

婦人服も充実の品揃え
かわいい小物類もございます
有名なデザイナーさんが手がける素敵な帽子もズラリ!
こちらはワンちゃんをデザインされたベレー帽♪
キッズ用から大人用までのサイズありなので親子コーデとしてもおすすめ♪
マザーズバッグもあります!

子育てママにご紹介したいbaby&kids服ブランド「aloha loha(アロハロハ)」

心に残る子ども服を…。子どもの成長はあっと言う間。
だからこそ、その一瞬一瞬をお気に入りのベビーウェアで記憶に留めておきたい。
そんな想いが詰められた一枚一枚。店頭でも大人気のとってもキュートなベビーウエアです!

このキュートなブランド「alohaloha(アロハロハ)」の誕生までのお話しをしてくださいました。

デザイナーの野瀬さんは、24歳で独立し松任谷由実さんのコンサート衣装を10年間専属で担当されていましたが、産後、子育てとの両立が難しいと判断して引退をします。
「初めて妊娠した時は、毎月必ず育児本を買って、肌着や育児グッズもすべて本の書いてある通りに揃えて育児をこなそうとしていました。
でもある時、そんなに本の通りにしなくても子どもは勝手に育つことに気づいたんです。(笑)
それからは、自分の思う通りやってみようと・・・」そして、「どこのお店に行ってもピンク、青、黄色、ベージュしかなくて自分の子どもに合う服がありませんでした。

だから自分で作って、お店を出そうと考えました。ないものは作る。服でも家具でもそれが我が家では日常となっています。」

“ないから買う”のではなく、“ないなら作って販売しよう!”という考え方が大胆で野瀬さんのスゴイとこ!

代官山でお店をスタートして、あっという間に大人気店となりましたが、だんだん自分の思ったようなお店づくりが難しくなって一度お店を休業します。
しかし、休業している間もお客様から再開を心待ちにするメッセージが毎日のように届いたそうです。
たくさんの人が「alohaloha」を心待ちにしていたそうです。
製品をつくる上で大事にしていることは・・・

*どこにでも持っていけるもの
*分かりやすいもの
*長く使えるもの
*たくさんのお客さまの手に届くもの
*時代を読むこと

高くていいものはいくらでも作れるし、高くて質がいいのは当たり前。「alohaloha」の服は買いやすい価格で、たくさんのお客様の手元に届くことを大事にしています。

とお話していただきました。

実際に見せていただくと、他にはないデザイン性でインスタ映えしそうなポップなカラーと柄!これはプレゼントされたら嬉しいだろうなーと感じました!

ビブパクローゼットは、サイズも生後半年くらいから2歳近くまで、気軽にオールシーズン着まわせる優れもの。
出産祝いにも大好評で、首の後ろのスナップボタンで丈の調節ができます。
股下スナップボタンもついているのでおむつ替えも楽々です。
日本製の綿100%で肌に優しく、夏は素肌に…また肌着やTシャツの上に、寒くなってきたらロンTを重ねて。タイツやハイソックス、レッグウォーマーなどを合わせるとで季節を問わずお楽しみ頂けます。
また、ブーケブルマーやキャンディーブルマーなどもプレゼントに大人気です♪

「プレゼントうけもいいので、プレゼントされた方がお店を見つけて別のデザインを買いに来られたお客様もいらっしゃるぐらい!」と嬉しそうに斉藤さんは語られていました。
店舗内もとっても素敵なので、個性的なお客様も多いかと思いきや、色々な層のお客様が来られるようです。
時にはおしゃべりをしに地元の方が遊びにも来られるのだそう!
地域との共存を大切にされるオーナーの姿勢が地元の方からも愛される秘訣なのかも♪

きっとあなたを引き立てるファッションコーディネートに出会えますよ。
ホームページや、FacebookやInstagram からも新入荷商品や着回し術なども紹介されているので要チェック。

HP : http://mcabbey.net/
Facebook:https://www.facebook.com/mcabbey.jp/
Instagram : http://instagram.com/abbey_kurosaki

Mc ABBEY
電話:092-713-1030
住所:福岡市中央区六本松3-11-39

※マックアビーHPより参照

是非お店にお遊びに行ってみてくださいネ!

ライター紹介

KARAFURU 編集部

uno

男の子2児のママ。育児と仕事に奮闘中。

facebook line twitter
関連記事