toggle

幼児の食育ってどんなこと?好き嫌いの多い子に食べてもらうには?お家でも取り組める工夫やアイデアが沢山!調理士・栄養士の先生が園児達に食の大切さを伝える取り組みについて

子どもに食べることが楽しいと思ってもらえるように、好き嫌いの多い子に食べてもらえるような工夫やアイデアが沢山!0,1,2歳児さんが多いからふる保育園での取り組みを取材

近年よく耳にする「食育」。子どもの「食育」に力を入れている家庭も増えているようです。食べることで体も心も成長することができるといわれている「食育」ですが、実際にどういうことをやっているのだろうと疑問に思うママさんも多いのではないでしょうか。私もその1人だったんですが、スタイルクリエイト株式会社は保育園を運営している会社でもあるので、実際にからふる保育園で「食育」を取り組んでいることを調理士・栄養士の先生に直接聞いてきました。

保育園での食育活動について
Q:どういう目的で取り組むようになりましたか?

A:まずは子どもが「食べること=楽しい!」と感じてもらうことが大切です。食に興味をもってもらいたい。食べる意欲も高まると給食が楽しくなる。そう感じてもらえるようになることが目的の一つです。近年、野菜が苦手な子が多かったり、食わず嫌いな子もいたりと、苦手な食べ物があると食べることが嫌いになってしまうこともあるので、少しでも食べてもらうきっかけを作り、食べることが楽しいと思ってもらいたいという目的のために食育の時間を設けています。

Q:具体的な取り組みはどんな事をするのですか?また食育の取り組みがどんな風に子ども達の育ちに役立つのですか?

A:月に一度、調理士・栄養士の先生でミーティングを行い、今月の食のテーマをまず決めます。テーマにする食材は、その時の旬な食べ物、季節のお野菜や果物などです。テーマが決まると、取り組みについては各園で取り組みます。内容については、言葉で伝えることも大事なのですが、0、1、2歳児さんが多く、食材の色とか、見た目で嫌がる子もいるので、いかにそういうところを克服させてあげて、楽しく食べてもらえるかを工夫しています。

言葉で伝えても分からなかったりすることがあるので、「目で見せる」、「触らせる」、「香りを嗅ぐ」など5感を使って楽しく伝えていく事を心がけています。

例えば、その月に決めたテーマの食材を実際に子どもたちに見せて、触らせたり、食材の香りを嗅いでもらったり、皮むきに挑戦したりなどの取り組みです。

実際の「食育時間」の取り組みをご紹介

こちらはからふる千早1号保育園の食育の取り組みです。トウモロコシの皮むきに挑戦!

からふる千早号園での食育の様子
からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシの皮むきをしている

その後は美味しく食べました〜♪

からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシを食べている
からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシを食べている

こちらも同じく、からふる千早2号保育園がトウモロコシの皮むき挑戦する様子です♪

からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシについて話を聞いている

皮付きのトウモロコシに児童は興味津々です!
先生のお話を聞いた後は、みんな夢中に皮をむいています♪

からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシの皮むきをしている

黄色い綺麗なトウモロコシが出てきて嬉しそう!

からふる千早号園での食育の様子。園児たちがトウモロコシの皮むきをしている

次は、からふる港保育園の食育の取り組みで、お野菜を半分に切って中身を見せています。「これは何のお野菜かな〜?」先生の掛け声に、何のお野菜か興味を持って見ています。

からふる港園での食育の様子。園児たちにお野菜を説明している様子
からふる港園での食育の様子。園児たちにお野菜の話を聞いている様子

いろんなお野菜を並べて、芽が出るか実験中!園児たちは芽が出るのを楽しみにしているようです♪

からふる港園での食育の様子。園児たちにお野菜を説明している様子

次に、こちらはからふる六本松保育園の食育の取り組みで、伝え方にも工夫しています。パペット人形を使って、パクパク食べる真似をして見せたり、よく噛んで食べる事を伝えたりすると、子ども達は喜んで真似をしようとします。

からふる六本松園での食育の様子。園児たちに歯に強い食材説明している様子

この日は、「虫歯予防デー」でしたので、歯を強くする食材は何かを学びました。牛乳、ほうれん草、しいたけ、いりこ…。写真を見て食材の名前を答えていきます♪

からふる六本松園での食育の様子。園児たちに歯に強い食材説明している様子

そしてその日のおやつには「煎りいりこ」です。0歳児さんにはボーロにして食べれるようにしています。みんなパクパク食べています!

からふる六本松園での食育の様子。園児たちに歯に強い食材を食べている様子

よく噛んでいりこを食べています!

からふる六本松園での食育の様子。園児たちに歯に強い食材を食べている様子

こちらの子は、いりこも興味を示しながら食べています♪

からふる六本松園での食育の様子。園児たちに歯に強い食材を食べている様子

また、別の日には、おやつにぜんざいを出す日で、最初の固い状態を見せておいて、容器に入れて音を鳴らして見せました。その後に今度は茹でた状態を見せて柔らかくして食べてもらいました。この変化にも園児さんは驚いていました!

どのからふる園の園児さんも真剣に先生の話を聞いてくれています。

こんな感じで、食育時間に使った食材をそのまま、その日のおやつにしたり、その日の給食に出したりと、子ども達が繋がりが持てるように一つの同線にして食育時間をもつことを心がけています。そうすると子どもたちの反応は大きく「さっきの食材だっ!」と食べる意欲が出ます。他にも日頃では、その月その月の旬の食材のイラストをみんなが通る通路に貼って、毎日見てもらうようにしています。

食材のイラスト

食材のイラストも本物に近いリアルなイラストを貼っています。そうすることで、イラストを見て食べる真似をしてみたり、貼ってある食材が給食やおやつに出ると園児たちは反応して食べてみようとなります。

食材のイラスト

あとは、声かけも大切にしています。食べている時に、「丸いねー」とか、オクラだと「星の形しているよー」食べると「シャキシャキするねー」など、声掛けをすると興味が湧いて口にしてくれます。

という事でした。先生の話を聞いていると、お家でも出来そうで参考になりそうなアイデアや工夫が沢山詰まっていますね。

食べれなかった子が食べれるように!

素敵な体験も聞きました。前回スナップエンドウが食べれなかった子がいて、食育の時間に、スナップエンドウのすじ取りをみんなで取り組みました。その日の給食にスナップエンドウを出した時に「今日お手伝いしてくれたスナップエンドウだよー」と声を掛けると、食べてくれて「美味しー!」って言ってくれたんです!と嬉しそうに調理士・栄養士の先生はその時の体験を話してくれました。

調理する上でのこだわりについて

Q:調理する上での安全面やこだわりを教えてください。

A:調理する上でのこだわりについては、毎月のメニュー表も、福岡市の献立表をもとに、からふる園の園児さんの年齢を考えて、栄養面でのメニューを作成しています。食材の調達も新鮮食材を調達しており、また主食になるお米にもこだわっています。

お米のこだわりについては、以前記事を書いていますのでご紹介します。

おやつも手作りおやつにこだわっているので、親御さんからは「嬉しい」とのお声をいただきます。料理の大きさや固さにも意識して、出来るだけ歯ごたえも楽しんでもらえるような大きさや固さにしています。0歳児さんには、大きさや固さも変えて食べやすいように変えています。また、アレルギーの子に対しても、その子専用のメニューを作ります。食べれない物は入れず、それに補う栄養の食材を取り入れています。

という事でした。アレルギー持ちの子も最近では多いですし、保育園での給食内容もどんなメニューか、親としてもお子さんが口に入れるものだけに気になりますよね。そこでからふる園では、親が参加しての試食会を開いたり、面談の時には、栄養士の先生も参加して相談できる時間も設けてもらっています。私もからふる園に預けている親として、食材のこだわりや食育の取り組みなど、食に対して力を入れているからふる保育園に預けれて、とても安心しています。なので息子の身体の栄養は、ほぼ園で補っています。笑

からふる保育園では、調理士・栄養士の先生方は、普段保育をすることはないけど、毎日のおやつ&給食の時には、どんな感じで食べているか、子ども達の食べている姿を見ているそうです。そういえば、、からふる港保育園に私の息子も預けていて、おやつの時に迎えに行くことが多いのですが、いつも調理の先生が子ども達の姿を覗きに来ていて、園児達が食べている姿を見ると喜んでいるなと思い出しました。

最後に食育の取り組みで大切にしている事は何か聞いたところ「小規模だからこそ子ども達との距離が近い事をとても大切にしています。」と、からふる保育園の調理士・栄養士の先生は語ってくれました。

からふる六本松保育園在中の調理士・栄養士の先生
からふる六本松保育園在中の調理士・栄養士の先生


食育とは「生きる力」を身につけていくとっても大事な事だと感じました。

参照:からふる保育園の画像より

ライター紹介

KARAFURU 編集部

uno

男の子2児のママ。育児と仕事に奮闘中。

facebook line twitter
関連記事