toggle

子連れに優しいJR博多駅3階の改札内レストスペースがおすすめ

博多に移り住んで2年目。普段から博多駅を利用しているのに、つい最近まで全くその存在に気づかなかった場所があります。

それは…在来線のホーム上にあるレストスペース。
3階の改札内に子連れで楽しめる空間があることに驚きました。

何度でも行きたい!と思わせてくれた設備やサービスを早速ご紹介します。

1杯100円〜 電車の待ち時間にカフェ利用できる 

レストスペースは在来線ホームからエスカレーターを挟んで「カフェ」と「待合所」の2つのスペースで構成されています。

ネスカフェ直営のカフェでは、電車待ちや乗り換えの合間に本格的なコーヒーを楽しめます。しかも安いんです!筆者が訪れた日は、アメリカン(本日のサービスドリンク)が1杯100円(税込)でした。

行列のできる人気パン屋「シロヤ」のサニーパンなども数量限定で販売されており、小腹が減った時にちょうど良さそう。

席同士の間隔が広く、博多駅1階コンコースとは異なり人通りが少ないので、周囲の目を気にせずゆっくり過ごすことができますよ。

こちらが待合所。ソファ席の隣にはコンセントが使えるカウンターテーブル席もあります

1番の特徴は窓側に設けられた子ども用の特等席

なぜこの空間が子連れにおすすめなのか?その理由のひとつに、窓側に並べられた子ども用のイスを挙げさせていただきます。ネスカフェ側はロッキングチェア、待合所側はイスとテーブルが置かれ、子どもと一緒に電車の往来を楽しめるのです。デザインも洒落てますよね。

デザイナー 水戸岡鋭治さんが手掛けたこんな素敵な椅子に座れば、時を忘れて列車を眺められます!

制服を着て記念撮影できるミニトレイン

レストスペースでひときわ目立つのが赤いミニトレインです。運転席ではハンドルやペダルを動かして遊べ、撮影スポットとしてもおすすめです。その際、ぜひ利用してほしいのが貸制服サービス。ネスカフェで子ども用の制服を無料で借りられるんです。制服姿のお子さまを記念撮影すれば、きっと良い思い出になりますよ。サイズは95・100・120センチの3パターンありました。

ミニトレインと同じ赤色のジャケットと帽子が印象的

自由に絵本が読める図書コーナー

ネスカフェの隅にある図書コーナーは、男女共に楽しめる児童書がセレクトされていました。大人がコーヒーブレイクしている間や電車待ちの時に子どもが飽きずに過ごせる環境があるって親からすれば助かりますよね。

レストスペースへのアクセス方法は3パターンあります。
①在来線ホームからJR博多シティゆきエスカレーターで上がる
②新幹線の乗り換え改札口を通る
③博多阪急3階出口前にある博多シティ3番改札口を通る

おわりに

乗り物好きの子どもなら間違いなくハマる場所だと思います。電車に乗らずとも入場券があれば利用できるので、駅ビルで買い物中に子どもがグズった時の駆け込み寺に良いかも♪

むとう よしえ
男の子(1歳)のママ。博多暮らし2年目。幼い子どもと楽しめる九州スポットを見つけたい。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事