toggle

子供3人の場合の席の決め方は?体験談から安全でママが楽な席順をご紹介

平成30年厚生労働省の調べによると、現在日本では、1世帯の子供の人数は1人が最も多く、次いで2人となっています。

子供2人までが主流の日本において、3人以上の子育ては、ときには大変なことも出てきます(^^;)(勿論、いいことも満載ですよ!)

今回は、現在8歳、6歳、3歳の3児の母である筆者が、「3人の場合の席の決め方」について、

①車の場合 
②外食の場合

の2点について記述していきます。

車の場合

3人目の子供が生まれたとき、座席の位置をどのように座ろうか頭を抱えました。

我が家は7人乗りの車で、運転席1人、助手席に1人、2列目3人、3列目2人までの席になります。

子供がまだ2人のときには、2列目に2人の子供をチャイルドシートに乗せていました。

子どもが助手席にいた方が、様子が見えていいのでは?

助手席に子どもを乗せることは、実はとても危険なようです。

チューリッヒ自動車保険会社のHPによると、助手席にチャイルドシートを設置していて、事故衝突時に助手席用のエアバックが作動してしまうと、エアバッグの膨張によって子供がチャイルドシートと助手席の間に挟みこまれてしまい、子供が大けがをする恐れがあるようです。

安全性を重視するには、後部座席に装着した方が良いとの記載がされていました。

我が家の3人の子供の座席

そして3人目が産まれた際、我が家の場合は、結論から言いますと、このような座席の形になりました。

…あら? 助手席に子供がいますね。(;・・?)

こちらの子供は、もうチャイルドシートを使わない子供になります。

現在小3(8歳)なのですが、身長120センチほどで小柄の為、ジュニアシートを敷いています。エアバックよけに、助手席は後方にスライドさせた状態にしています。また、助手席後ろのチャイルドシートも後方にスライドさせ、乗り降りしやすくしています。

この形になるに至っては、かなり試行錯誤を重ねました( ノД`)

では、この形に収まった理由をお伝えします。

この形に収まった理由は?

はじめに、チューリッヒ自動車保険会社のホームページから教わったことは、

運転席(通常右側)の後ろに、一番小さな子どもを置くことです。

運転席の後ろは、運転手がとっさに自分を守ろうとハンドルを切るため、座席が損傷されにくい、また、事故は左折より右折の事故件数が多いことから、車の右側の方が損傷しにくい(右側の方が当てられにくい)ともいわれているそうです。

はじめに、このような座席の形にしてみました。

2列目右側に赤ちゃん、3列目に子供2人を乗せました。

すると、3列目の遠くの席から、「ママ、鼻水出た」「お菓子開けられない」「ジュースこぼしちゃった」等ヘルプの声が次々に飛び交います。すぐに手が届かず、しまいには2人でケンカが始まったりしていて、非常にやりにくい…。

次に、このような座席の形にしてみました。

2列目に子ども2人、3列目に赤ちゃんを乗せました。

赤ちゃんが寝ているときは一人静かにスヤスヤ…。

「これはいいのでは!?」と思いましたが、我が家の車は3列目が狭く、チャイルドシートもかなり乗せにくく、赤ちゃんの乗り降りがとても大変に感じました…。

また、子供以外に、ベビーカー、おむつ、着替え等の3人分の大量の荷物を常に載せ、買い物した袋や、公園に行く時の砂場セットやキックバイク等も乗せたいとなると、後ろは荷物スペースになっていた方が我が家の場合は使いやすかったです。

よって最後に、我が家はこのような座席の形に収まりました。

外食の場合

引用:ガストCM

子供3人目が生まれ、家族が5人になって気付いたこと。

それは、ファミレス等外食に出掛けると、2人席と4人席が圧倒的に多いことでした。

そのため、ソファー席を探すか、椅子を貸してもらい、空いている場所に椅子を置いて5人席にします。

末の子が赤ちゃんや小さい時は、ママの抱っこで食べさせることもありますが、ある程度大きくなってくると、膝の上にいられると、子供の様子が見えないし、自分の食事が食べにくいです( ノД`)

座り方の位置は、子供達が大きくなればじゃんけん等で決めてもらって結構なのですが、まだ小さい時は、ママが決めた方が子供同士ケンカにならなくて済むし、ラクかもしれません。

ママが決める、3人の場合の子供の席とは?

こちらも車の座席と同様に、試行錯誤を重ねた結果、筆者が子供3人(とパパ)と外食する時に一番食事しやすい場所は、このような座席の形でした。

筆者の右、左、前に子供がいるため、手が届きやすく、子供のヘルプにすぐ応えることができます。

そして、筆者が壁側にいたほうが、周りも見渡しやすく、店員さんに声もかけやすいです。

筆者は、普段からパパをあまりあてにしないようにしているので、パパがいてもいなくてもこの形です。パパに手伝ってもらえたら嬉しいですね。

また、子供がまだ小さい等で、椅子から降りて店内を歩き回ろうとする子どもがいる場合は、このような座席の形が良いと思います。

子供が店内を歩きだそうとするのを、すぐに阻止することが出来るからです。

また、筆者はコの字になった座席の形もお気に入りです。

出口側にパパとママで挟みこみ、子供が席から離れないようにすることができます。

おわりに

子ども3人の席の決め方について記述しました。

筆者は、試行錯誤の上、現在このような形に収まりましたが、また子供たちが大きくなっていくと、その都度変化が見られると思います。

色々な形を試してみて、自分の家族に合った席順が見つかるといいですね。

この記事が少しでも参考になれましたら幸いです。

参考サイト
・厚生労働省公式HP 平成30年 国民生活基礎調査の概要
・チューリッヒ保険会社公式HP 子供のチャイルドシートは助手席だと違反?安全性は?
・国土交通省公式HP チャイルドシート

オリーブ
30代主婦、8歳、5歳、3歳の3児を子育て中。時短・簡単・楽チンをモットーに、お金をかけずに楽しむことを模索中♪

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事