toggle

原田家のずぼら離乳食〜ささっと一品!あると楽ラク便利食材編その①〜

頑張ってるのに食べない!“離乳食疲れ”していた日々。

毎日の離乳食に奮闘するお父さん、お母さん、いつもお疲れ様です!KaRaFuRuライターの原田です。

お子さんの月齢を考慮しながら、好き嫌いや気分に合わせて、毎日決まった時間にごはんを用意する。当たり前のようでいて、離乳食ってとっっってもハードですよね!

我が家の1歳の赤ちゃん、“トコちゃん”は「偏食・飽き性・食べムラマン」の三重苦。

今でこそ、力の抜き方を覚えた私ですが、離乳食初期には出汁をストックしたりおやきやリゾットを作って冷凍したり・・・。あれこれ工夫し、働きながらも「できるだけ手作りで!」「体にいいものを!」と頑張っていました。

それでも、昨日食べたものを「今日はいらん!」と皿ごと床に叩きつけられたりするのも日常茶飯事。頑張れば頑張るほど、「こんなにやっているのになんで?!」とイライラと疲労が溜まっていきました。

今にして思えばこれ、離乳食疲れの負のループに入っていたんですよね。

“時短ワザ”がストレスに?手軽に出せる「その都度調理」でずぼら離乳食へシフト!

「このままではいけない!」と思った私。まず、自分のイライラの原因「頑張る」をやめることに。

具体的には、「作り置き」や「大人料理からの取り分け調理」。これらは、一見合理的な時短方法として知られていますが、不器用な私には「週末に作り置きをする時間の確保」や「取り分け調理の並行作業」が精神的な負担に。自分を楽にするための時短ワザを、“頑張って”続けてしまっていたことに気づいたのです。

そこで、これらの時短ワザをいったん捨てて、「パッと手軽に出せるものを毎食作る」という方法に毎日の離乳食をシフト。時間がないときでも、凝った調理をせず数分で用意できる気軽さが、自分に合っていることに気が付いたのです。

これが、「原田家のずぼら離乳食」のはじまり!

今回は、私が試してきた様々なずぼら離乳食の中で、特に出動頻度の高い食材とそのアレンジ方法をご紹介します。

先に言っておきますが、ずぼら離乳食に超画期的なアイデアレシピはありません。しかし、冷蔵庫に常備しておけば鍋や火を使わずすぐに出せるものばかり。知っておくと「こんなのもアリか!」と、離乳食づくりのハードルがぐんと下がるハズです。

食欲起爆剤にも有効。困った時の「ベビーダノン」

レンチンかぼちゃのベビーダノン和え

生後6ヶ月から食べられる赤ちゃんのためのヨーグルト、「ベビーダノン」。ベビーフードに何か一品デザートを足したい時に便利です。

よりおかずっぽくアレンジしたい時にはプラスひと手間。レンジで加熱したにんじんやさつまいも、かぼちゃなどを、ベビーダノンで和えてヨーグルトサラダに変身。カンタンで、野菜嫌いの赤ちゃんも食べやすい和え物です。

野菜をレンジにかける時は、大さじ2程度の水を足してラップをかけ、蒸しながら火を通すのがパサつかないポイント。火を通しすぎないように、様子を見ながら加熱時間を足してみてくださいね!

ちなみにベビーダノンは我が家のトコちゃんの大好物でもあります。

カルシウムがとれるうえ、腹持ちがよくそこそこのカロリーがあるので、調子の悪い時にこれ一品でも食べてくれるといつもホッとしたもの。その絶大な求心力に何度も助けられた我が家の「神棚に飾りたい食材」ナンバーワン。常に冷蔵庫にストックがないと不安になります。

すり鉢いらずで主食に副菜に大活躍。「ひき割り納豆」

納豆ごはん

離乳食中期の7・8ヶ月頃から食べられる納豆。タンパク質やビタミンB2B6E、カルシウムや鉄分、カリウムやマグネシウムなどのミネラル、食物繊維などが含まれ栄養満点。

普通の納豆を選ぶと刻んだりすりつぶす手間が必要ですが、ひき割り納豆ならレンジでさっと加熱してそのまま一品に。ずぼらな私の場合、残りはズルッと“味見”してしまいますが、製氷機に小分けすれば1食分づつ冷凍ストックも可能です。

手間なくアレンジするなら、塩分を洗い流したしらすやすりごまとあえてもOK。ひと手間かけるならレンジで加熱したほうれん草を刻んで混ぜます。

納豆の便利なところは、副菜にも主食にも使えるオールマイティーさ。そのまま食べさせるほかにも、ごはんに乗せてすりごまをかけた納豆ごはんは我が家のトコちゃんの大好物です。

食事が嫌でご乱心の日でも、皿をぶん投げる前に白飯にひき割り納豆をオン。するとなんということでしょう。怒りが静まり納豆ごはんに全力でコミットしてくれるのです。

離乳食初期から活用しやすい便利食材「豆腐」

シンプルな味付けのミニミニ温やっこ

納豆同様、タンパク質やビタミンE、カルシウムや鉄分、カリウムやマグネシウムが豊富で、より赤ちゃんの体が消化吸収しやすい豆腐。

我が家では、お味噌汁一回分ほどの小分けパックを購入。離乳食用に食べる分だけスプーンで掬い、軽くレンジで加熱。鰹節をかけ、醤油をひとたらししてミニミニ温やっこにしています。ちなみに残った豆腐はその日の大人味噌汁に崩してドーン(手で崩すと味がしみるから合理的!)。

また、豆腐は離乳食初期から食べられて、幅広いアレンジに活用できるのも魅力です。初期ならレンジで加熱してお湯を加え、ラップの上から指で潰してとろとろに(すり鉢なんて使いませんよ!)。

完了期の現在は、ドライパックのひじきをさっと洗って豆腐で和えた和えものに。しんどくない範囲でアレンジを広げています。すべて火を使わない食材なので、秒で完成するのが魅力です!

ずぼらアイデアで毎日の離乳食を乗り切ろう!

1歳を迎え、ますます好みや気分が激しくなった娘は、白飯のおにぎりがいいというときもあれば、ベビーフードしか食べない期間があったり、相変わらず自由気ままです。

加えて遊び食べも覚え、皿を吹っ飛ばしてごはんを降らせ、テーブルに乗ってヨーグルトを履いてみたり、バナナを握りつぶして凌辱したり。オソロシイ想像力は尽きないご様子。

食材の準備や調理はもちろん、食べさせるのだって片付けるのだってゲージを消費するのが離乳食。私も、「今日は離乳食ヤだな〜」と思うこともたくさんありますが、ずぼらワザやベビーフードを活用しながらなんとか乗り切っています。

離乳食で苦しい思いをしている皆さん、「一人じゃない!」「いつかは必ず楽になる」と信じてお互い頑張りましょう!

原田さつき
コピーライターでWEBライター。1歳の暴れ乳児トコちゃん、わがまま猫のパッタイ、良夫の4人家族。都内でわいわい賑やかに暮らしている。ビールがガソリン。しかし母乳育児中のため禁酒。常にガソリン切れ。いつか家族で福岡へグルメ旅してみたい。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事