toggle

七五三、重視するポイントは何?たくさんの情報の中からプランを考えた我が家の場合

我が家の3人の子どもたちは3歳ずつ歳が離れています。初めての七五三は長男が5歳、長女が2歳の時に行いました。

七五三を迎えるにあたって、記念のお祝い事なのでしっかりとやってあげたいと思い、いろいろと情報を調べて考える材料をそろえました。本記事では我が家が実施した七五三の形式をご紹介します。

記念写真はプロに頼む?セルフで充分?

せっかくの晴れ舞台なので、記念の写真はしっかり残したいと思いました。でも、写真スタジオでの記念撮影、神社での参拝…我が家の子どもたちが、着慣れない着物を身にまとってこの2つのイベントを同日に行うことは不可能と思えました。

写真スタジオによっては、撮影日だけでなく別日の参拝のために着物を貸し出ししてくれるところもありました。そして別日の衣装レンタル代は写真撮影プランに含まれる場合、追加料金が必要な場合とさまざまでした。

我が家の場合、赤ちゃん時代のお宮参りは写真スタジオでプロに撮影してもらいましたが、記念としてアルバムにしただけで、あとで見返すことはほとんどありませんでした。七五三の記念写真を写真スタジオで撮影しても、今回も写真を見返すことはないのでは?という考えに至り、記念写真はスタジオで撮らないことにしました。

また、写真スタジオで撮影しなくてもプロのカメラマンが神社の参拝に同行し、自然な雰囲気の写真を撮影してくれる出張撮影プランも目にしました。

fotowa | ピクスタ株式会社 

参拝神社と参拝日時を入力すると、同行可能なカメラマンが何人か候補として挙がってきました。2万円台と写真スタジオに比べてリーズナブルな料金。しかし悪天候などによる延期の可能性も考え、我が家はカメラ好きのおじいちゃんにカメラマンとして働いてもらうことにしました。

着物はどこで用意する?

レンタル衣装を準備してくれる写真スタジオを利用しないことになったので、2人分の着物を自前で用意する必要が出てきました。

3歳女児の七五三は、着物の上に被布を羽織る衣装です。着物は筆者が七五三に着用したものが実家に残っていました。生地の傷みはありましたが、着用には問題なしと判断し、インターネットサイトを参考に裾上げをして、長女のサイズに合わせました。

被布は、おひなさまを購入した際にオマケで頂いたものがあったので、それを使いました。おそらく、着物と被布の色合わせや柄合わせにもルールがあるのでしょうが、細かいことは気にしませんでした。また、足元は正式には足袋と草履を履くべきなのでしょうが、我が家の2歳児には無理だと判断し、用意しませんでした。

髪飾りは、100円ショップで造花とヘアピンを購入し、自作しました。 長男の着物は、インターネットで京都の着物屋さんから宅配レンタルしました。

京都の宅配着物レンタル「京都かしきもの」

レンタル期間を決めないといけないため、予約をする前に参拝日を決める必要があります。悪天候などで着用日を延期した場合は、次に着る人の予約が入っていなければ追加料金で延長もできるとのことでした。

レンタル着物は、着用する日の2日前に届けられ、着用日翌日までに返送するというルールでした。ギリギリで申し込んだため選択肢は限られましたが、長男に好きな羽織袴を選んでもらいました。

届いた羽織袴はとてもかっこよく、窮屈な着物は嫌がると予想していましたが、自分で選んでもらったおかげで意外にも気に入って嫌がらずに着付けさせてくれました。草履や小物なども付属していて、とても分かりやすい着付けマニュアルが用意されていたので、スムーズに着付けもできました。足袋だけは新品で返却不要でしたが、長男もやっぱり足袋と草履を拒否したため、結局2人ともスニーカーで参拝することに。

嫌がらずにニコニコで参拝してくれるのが一番なので、ここは無理強いせず、子どもの主張を尊重しました。

参拝当日は子どもの気分優先で

参拝は10月末の平日に行いました。神社は混雑しておらずゆっくりと参拝でき、とても良い一日でした。子どもの記念日を楽しむためにも、早めの平日に参拝するのがおすすめです。

参拝客が少ないためバックに他の人が写り込むことが少なく、写真を撮るのもスムーズでした。

スニーカーで神社内を自由に散策し、楽しそうな様子の写真がたくさん撮れました。ポーズを取らなくても、自然な表情の写真がかえって新鮮で良い思い出となりました。

神社でいただいた七五三の記念セットの中には、千歳飴、お弁当箱、帆布バッグ、塗り絵、色鉛筆セット、そしてアルバムが入っていて盛りだくさんの内容に、子どもも親も嬉しくなりました。

次は長女が6歳、次女が3歳の年に行う予定です。前回と同じ形式で参拝を行うと思います。長女が自分でどんな晴れ着を選ぶのか今から楽しみです。

さいごに

七五三のお祝いは子どもの大事な節目です。たくさんの情報の中からそれぞれのご家庭で重視するポイントを見つけて、晴れの日を迎えてくださいね。

Richika
3人兄妹のママ。お料理大好き。怒らない子育てを目指して日々努力中。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事