toggle
2020.12.30
#仕事#子育て

ワンオペ&在宅ワークママのタイムスケジュール【0歳児】

育児中のママにとって自宅で仕事ができるというのはメリットでもありますが、家事や育児をこなしながら、自宅で仕事の時間を確保するのは結構大変。

最近は在宅ワークのママさんも多いので「ほかの在宅ワークのママさんのタイムスケジュールが気になる」というママさんも多いかもしれません。

私にはもうすぐ1歳になる息子がいますが、生後5ヶ月の頃から夫は出張へ行っています。
週末(土曜の夜)には一旦帰ってきますが、半年ほど日曜日以外はワンオペの生活を送りながら在宅ワークをしています。そんな私の平日のタイムスケジュールをご紹介したいと思います。

私の平日(ワンオペ)の日のタイムスケジュール

起床時間は子ども次第なので、起きる時間はかなりバラツキがあります。

本当は子どもが起きる前に起きて家事や仕事などができればいいのですが、どんなに静かに起きても子どもが起きてしまうので、今のところ諦めて子どもが起きるまで一緒に寝ています。

その日の予定や子どもの都合で多少前後することはありますが、だいたい1日の流れは次のようになることが多いです。

7:30 起床

7:45-8:20 離乳食

8:30-9:40 家事

9:40-9:50 朝食

9:50-10:00 子どもと遊ぶ

10:10-11:40 子どもの朝寝タイム

11:45-12:00 子どもと遊ぶ

12:00-12:40 離乳食

13:00-14:00 買い物

14:10-15:20 子どもと遊ぶ

15:30-17:00 子どものお昼寝タイム

17:00-17:40 離乳食

18:00-18:45 入浴

19:00-19:30 料理・夕食

19:30 ミルク

19:45-21:00 離乳食・自分のおかず作り

21:00 子どもを寝室へ

21:15-0:30 仕事・自由

1:00 就寝

今は子どもの相手が何より優先

朝はまず離乳食からスタート。離乳食は自分で冷凍ストックを作っているので、毎回電子レンジでチンするのみ。
最近はつかみ食べをしたり途中で集中力がなくなったりして、結構時間がかかるようになりました。

朝の離乳食が終わったら掃除や洗濯。
子どもがいるリビングを掃除し、寝室やお風呂場などを掃除して戻ってきたらリビングが大変なことになっているなんて日常茶飯事。
小さい子がいるとあるあるですよね(笑)

まだ甘えん坊な時期なのでそばにいないとグズることも多く、絵本を読んだり少し遊んであげたりしながら家事をするので、なかなか家事も進みません。

家事の合間に私の朝食(フルーツグラノーラ)を急いで食べて、できるだけ子どもにかまってあげられるようにしています。

子どもの朝寝・お昼寝タイムも有効活用

朝寝は30分くらいで起きることもありますが、生後10ヶ月を過ぎてから朝寝やお昼寝は1~2時間以上寝ることも多くなってきました。

子どもが寝ている間に自分の身支度を済ませたり、仕事をしたり家事などが残っていれば家事をしたりします。
疲れているときは一緒に寝てしまうことも。

寝かしつけまでが一番大変

ワンオペなので夕方~子どもを寝かしつけるまでは大忙し。

子どもと一緒にお風呂に入り、上がってからは離乳食の下ごしらえや自分のおかず作りをして、急いで自分の夕食を食べます。
その後子どもにミルクをあげ、おんぶをして離乳食を作りながら寝かしつけます。

離乳食は多めに作り小分けして冷凍していますが、よく食べる子なのでほぼ毎日何かの離乳食を作っています。

片付けが終わる頃までには寝ているので、そのまま寝室へ連れて行きます。

子どもが寝たら私の仕事・自由時間

子どもをベッドに下ろしたら私の仕事・自由時間です。だいたい21時前後くらいになることが多いです。

スマホで見られるタイプのカメラを寝室に付けているので、泣いたらすぐにわかるようスマホの音量をMAXにしてリビングに置いています。
私はリビングで仕事をしているので、このカメラがかなり活躍しています。

子どもがなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労していた時期は、いろいろ時間が押していたので夜中の2~3時まで起きていることが多かったのですが、最近はできるだけ早めに寝るようにしています。

時間をつくるためにやっていること

小さい子がいると、思うように仕事の時間を確保するのは難しいことも多いですよね。私が時間をつくるためにやっていることは次の2つ。

起きているときは子どもとしっかり遊ぶ

平日はワンオペなので、時間をつくるためには子どもがグッスリ寝てくれないことには始まりません。赤ちゃんの生活リズムもメリハリが大事。子どもが起きている時間はたくさん遊ばせて、しっかり疲れさせるようにしています。

寝かしつけはおんぶで家事をしながら

前述しましたが、最近はおんぶで寝かしつけています。

本当はベッドで絵本を読んであげて寝かしつけしたいのですが、それをすると離乳食作りや私の夕食の時間がずれてしまい、後の仕事・自由時間のスタートが遅くなってしまいます。
そのため最近は、おんぶをして離乳食を作りながら寝かしつけるようにしています。

そうすることで仕事や自由時間を確保できているので、夫の出張が終わるまではこのスタイルでいこうと思っています。

1日のスケジュールは子どもの成長に合わせて

私の現在の1日のスケジュールについてお話ししましたが、ママのスケジュールは子どもの成長に伴って変わっていきます。
子どもが成長したり、ある日突然昨日までうまくいっていたことがうまくいかなくなったりすることもありますよね。
その都度、臨機応変に対応していきましょう。

在宅ワークは時間の管理がとても大切。小さい子がいたりワンオペだったりすると思うようにいかないことも多いですが、ある程度自分の中で家事や育児の時間やルールなどを決めておくと、比較的スムーズになります。
「最近いつも時間がズレるな…」と思ったら、タイムスケジュールの見直しをしてみるといいかもしれませんね。

今の子どもと自分に合ったスケジュールを見つけて、在宅ワークをこなしていきましょう。

hato
男の子一児のママ、梅酒が好きな30代。育児奮闘中。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事