toggle

【子育てママの趣味時間】子どもがいたから再開できた!十数年ぶりにピアノ練習が楽しい!

始めようと思ったきっかけ

私自身が幼稚園から高校までピアノを習っていたのですが、実家を離れてからはピアノを触る機会もゼロでした。ところが、二人の娘がピアノを習い始めてから、子どもたちの練習につきあうために再びピアノとの時間が戻ってきました。

最初は上の子が2歳の時に、音楽教室のリトミックコースに通うようになってからです。歌をうたったり、リズムを楽しんだりと、お遊びとして楽しむための教室でしたが、年少の頃にはしっかりとピアノを弾き始めるようになりました。

年長になると小さなコンクールにも出場するようになり、本格的にピアノに取り組むようになると、それまで使用していた電子ピアノでは限界がきて、中古のアップライトピアノに買い換えました。

アップライトピアノになってから、やはり表現力が変わってきますので、子どもの演奏を聴いていても楽しいです。

趣味と家事と育児の時間の使い方

基本的に子どもたちのピアノ練習につきあう時間が、私のピアノ時間です。子どもたちのレベルが上がるにつれ、楽譜も難しくなってきました。必要とされた時は譜読みを手伝ってあげたり、宿題の楽曲を少し弾いてみせたりしています。

また、子どもに「ピアノ練習しなさい!」と言うよりは、ママである私自身がピアノの練習をしている姿を見せるほうが効果的であるとも感じています。ママが弾いていると、二人とも覗き込んできて、最終的にはピアノを横取りされてしまうということが毎日起きています(笑)。

まれに子どもが近寄ってこない時は、結果的に私の練習時間と思っています。できる時にする、定期的にすることは目標ではない、と考えているので、できない日が続いてもストレスはないです。

実際に始めてみてどう変わった?

趣味として楽しんで弾けるようになったことは、子ども時代とは決定的に異なる点なので、とても楽しい時間になっています。

私自身がピアノ教室に通っていた頃は、音楽の道に進む気もなく、なんとなく通い続けていたものの、毎週レッスンの前日に「宿題やってない!」とあわてて練習をする始末でした。恐らく、ピアノ経験者の方なら身に覚えのある方も多いのではないでしょうか(笑)。

今は課題曲があるわけでもないし、習いに行っているわけでもないですが、高校生の頃まで習っていたおかげで基本は分かるので、初めての曲であっても自分で楽譜を読むことができます。

ある程度のレベルまで習っていたおかげかなと、今となっては長年に渡り月謝を払い続けてくれた両親に感謝です。

趣味を作りたい方におすすめの情報収集方法

インターネットが身近な情報収集ツールかとは思いますが、おすすめは周りのママから教えてもらうことです。

ママになると自分だけの時間を確保するのは簡単なことではないですよね。やらなければならないことがたくさんあるので、趣味はどうしても後回しになってしまいがちです。

でも短い時間でも、自分の趣味だと思えることに使える時間は、日々の忙しさから解放されるいいタイミングだと思います。

私自身は仕事以外の時間は基本的に家族と過ごすことが多いので、自分の趣味のための時間をがっちり確保することは当面できそうにありません。そのため、子どもが習っているピアノが、ママである私の趣味にもなっているのは一石二鳥かなと思っています。親子で同じことに挑戦するのは、忙しいママにとって結構いい選択肢なのではないでしょうか。

子どもの習い事関係の情報は、ママ友ネットワークで簡単に手に入りますしね!リアル・口コミは最強だと思います。

ママになっても、趣味時間があるのは悪いことじゃない!

子どもがいるからこそ、ママが新しい趣味に夢中になったり挑戦している姿は、子どもの目にも新鮮にうつるのではないでしょうか。子どもが小さいうちは家族の協力をかりて、例え少しの時間だけでも趣味時間を持つことは、素敵なことだと思います。

いずれ子どもに手がかからなくなれば、新たな楽しみの種にもなってくれるのではないでしょうか。

rimos
小学生と保育園児の姉妹育児中のママ。金曜夜のビールが大好物。仕事も家事も時短命。

ライター紹介

からふるMoms

からふるMoms

KaRaFuRuのママライターチームです。

facebook line twitter
関連記事